【心を掴む四輪駆動車】クルマの世界を変えた4×4 歴史的なモデル 20選

公開 : 2020.10.23 11:50

12. ランチア・デルタ・インテグラーレ

ランチアは1983年に後輪駆動の037でアウディからWRCのタイトルを奪い返したものの、将来的には四輪駆動が必須であることを理解していた。

最初にグループBのデルタS4が登場し、グループBが禁止されると、グループAのデルタ・インテグラーレが登場した。

ランチア・デルタ・インテグラーレ
ランチア・デルタ・インテグラーレ

最初は187psの8V、最終的には218psのエボへと発展していく。

ランチアは1987年から6戦連続でWRCのタイトルを獲得した。

13. 日産スカイラインR32 GT-R

ランチアのインテグラーレがWRCで大暴れする一方、ツーリングカーの世界では日産GT-Rがライバルを圧倒していた。

特にオーストラリアでは、直列6気筒、四輪駆動のスカイラインがあまりにも速すぎたため、1992年以降は地元のホールデンやフォードのファン(とメーカー)を満足させるためのルール変更により、事実上禁止されてしまった。

日産スカイラインR32 GT-R
日産スカイラインR32 GT-R

14. 日産パルサー/サニーGTi-R

ラリーに話を戻すと、日産はGT-Rの思想を前輪駆動のパルサー(一部の市場ではサニー)にも取り入れていた。

2Lターボエンジンを搭載したGTi-Rは、ハンニバル・レクターを想起させるエアインテークをボンネットに備えており、バックミラーに映ると恐ろしく見えた。

日産パルサー
日産パルサー

正直なところ、グループAのライバルたちにとっては脅威ではなかった。

しかし、日本車ファンの間でカルト的な存在になっていることに変わりはない。