【ミサイルのスイッチも?】アストン、新作映画とコラボ ヴァンテージ007エディション DBSスーパーレッジェーラにも限定車

2020.08.17

サマリー

007最新作の公開に向け、アストン マーティンが2種類の「007エディション」を発表。ヴァンテージ、DBSスーパーレッジェーラに設定されます。前者の車内には、ミサイル発射スイッチのようなものが見えます。

もくじ

ノー・タイム・トゥ・ダイ 11月公開へ
内装 ミサイル、レーザーのガジェットも
DBSスーパーレッジェーラは25台

ノー・タイム・トゥ・ダイ 11月公開へ

英アストン マーティンが、映画007シリーズ「ノー・タイム・トゥ・ダイ」の公開を記念して、「007エディション」を発売した。

ヴァンテージ、そしてDBSスーパーレッジェーラという2モデルに設定される。

アストン マーティン・ヴァンテージ007エディション。
アストン マーティン・ヴァンテージ007エディション。

2020年11月に世界で公開されるシリーズ25作目には、往年のアストン マーティンV8に加えて、DBSスーパーレッジェーラ、ヴァルハラが登場するという。

本作からアイデアを得て、同社のパーソナライゼーション部門、「Q by アストン マーティン」が製作を担当したのが今回の限定車だ。

1台目は、過去作にも登場しているアストン マーティンV8にヒントを得た「ヴァンテージ007エディション」。

アストン マーティンV8の特徴であるクロームベゼル付きの専用メッシュグリル、劇中仕様にヒントを得たイエローの破線ディフューザーを採用。

1987年公開の「リビング・デイライツ」で装着されていた雪上走行用のスキー・アウトリガーを想起させる限定版スキー/スキー・ラック・セットも注文可能だ。

内装 ミサイル、レーザーのガジェットも

マニュアル・ミッションを装備したセンターコンソールには、「007」のロゴを配置。

サンバイザーには、ラジオ局の周波数である「96.60(FM)」が刺繍されている。かつて、ボンドが脱出する際に利用したロシア警察の無線の周波数だとか。

ヴァンテージ007エディションの内装には、ミサイル用スイッチを模したガジェットも。
ヴァンテージ007エディションの内装には、ミサイル用スイッチを模したガジェットも。

また、ロケット・モーター、ミサイル、レーザー、ターゲット・ディスプレイ、スキー・アウトリガーなどを操作するためのスイッチを模したガジェット・プレートも装着。

なんと、ミサイル誘導システムを想わせる十字線までシフトレバーに刻まれている。

ヴァンテージ007エディションは、全世界で100台を限定生産。トランスミッションは、MT/ATを選択可能だ。

DBSスーパーレッジェーラは25台

もう1台の007エディションは、DBSスーパーレッジェーラ。

専用のダイヤモンド切削加工による21インチY字スポーク・ホイール(グロスブラック)を装着。ブラック・エナメルを使用したクローム仕上げの「007」エンブレムをフェンダーに配した。

アストン マーティンDBSスーパーレッジェーラ007エディションの内装。
アストン マーティンDBSスーパーレッジェーラ007エディションの内装。

さらに、リアスポイラー・ブレードをステンレス・スチール・シルバーの007フォイル(箔押し)が飾る。

コクピットは暗色系のカラーで統一され、レザー張りの豪華な室内にはシートの輪郭を強調するレッド・ステッチを施した。

ドア・カード、アームレスト・バックル・バッジ、リアのサブウーファー・カバーにも「007」ロゴを装着。ドアを開けば、サイドシルに装飾された「007 EDITION」の刻印がオーナーを迎える。

ヴァンテージ007エディションの価格は、16万1000ポンド(2246万円:本日のレート)から。DBSスーパーレッジェーラ007エディションの価格は、27万9025ポンド(3893万円)から。

納車は2021年第1四半期に開始される予定だ。

 

人気記事