メルセデス・ベンツS63 AMG L

公開 : 2013.10.29 22:00  更新 : 2017.05.23 16:38

■どんなクルマ?

メルセデス・ベンツのフラッグシップたるSクラスの中にあっても、そのトップ・グレードに君臨するのがS63 AMGだ。より排気量の小さいSクラスであっても、もちろんSクラスの味わいは十二分に味わえるが、このハンドビルドの5.5ℓツインターボV8エンジンを搭載するS63 AMGはSクラスに更なる衝撃的なパフォーマンスを加えることとなる。

その心臓は、577bhp/5500rpm、89.0kg-m/2250-3750rpmのパワー、トルクを発揮する。パフォーマンスは0-100km/h加速が4.4秒、最高速度はリミッターで制限される250km/hであるが、£2,760(43万円)のオプションであるドライバーズ・パックを装備すれば最高速度は300km/hになる。

■どんな感じ?

英国では初のS63 AMGのテスト・ドライブとなる。いよいよ悪名高い英国のアスファルトに対処できるかどうかが試されるというわけだ。ちなみにこのS63 AMGは、サスペンションに最適なダンピングと乗り心地を与えるために路面をスキャンするカメラの付いたマジック・ライド・コントロールが標準で装備されている。

そのマジック・ライド・コントロールは、大部分の路面の凹凸を見事に吸収してくれる。ただし、通常のモードだと、高周波の凹凸だけはカバーしきれない。その場合は、サスペンションをスポーツ・モードにすることで解決する。

もちろん、そのダイヤルをスポーツ・モードに変更するのは、S63 AMGのパフォーマンスをフルに味わいたい場合も同様だ。577bhpのV8ユニットが醸しだすポテンシャルをフルに味わうことができるのだ。

高速道路では、2.1mという幅を感じさせない取り扱いの良さを見せる。AMGスペックのシャシーのステアリングも充分に信頼にたるものだ。ジャガーXJRよりも100kg重いボディ・ウエイトによって、落ち着いたフィーリングだ。但し、その面白さという意味ではジャガーのほうが一歩上手かもしれない。

エンジン・ノートは控えめではあるがリズミカルで、6500rpmのレブ・リミットまで魅力的なサウンドを吐き出してくれる。また、7速のオートマティック・ギアボックスもスムーズにパワーをリア・ホイールにデリバリーしてくれた。

■「買い」か?

S63 AMGは、確かに高価なクルマである。しかし、その価値を対価で考えるのは難しいことだ。長距離を快適に移動したいのであれば、S350やS500を選択したほうが良いだろう。また、NASCARのようなスリルを味わいたいのであれば、コンパクトなE63 AMGのほうがよいだろう。

しかし、S63 AMGは世界で最も高性能とも言えるエンジンを持った、最高の1台であることは間違いない。それを否定することはできないだろう。

(スチュアート・ミルン)

メルセデス・ベンツS63 AMG L

価格 £119,565(1,880万円)
最高速度 250km/h (300km/h:ドライバーズパック)
0-100km/h加速 4.4秒
燃費 9.9km/ℓ
CO2排出量 237g/km
乾燥重量 2070kg
エンジン V型8気筒5461ccツインターボ
最高出力 577bhp/5500rpm
最大トルク 89.0kg-m/2250-3750rpm
ギアボックス 7速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事