【なぜ選ばれる?】コロナ禍でも販売増 フィアット/ルノーが日本で好調 8月の輸入車登録台数レポート

公開 : 2020.09.09 06:50  更新 : 2021.10.11 09:35

8月の総括 依然、前年比マイナスが続く

最後に8月全体の動向を確認しておこう

今月もメルセデス・ベンツが強さを見せ3979台(前年同月比92.8%)で首位を獲得。実に66か月連続首位の記録を更新している。

8月も強さを見せた首位メルセデス・ベンツは、前年比92.8%まで復調。2位のVWとともに新型SUV導入の効果が出ている。
8月も強さを見せた首位メルセデス・ベンツは、前年比92.8%まで復調。2位のVWとともに新型SUV導入の効果が出ている。

2位にはフォルクスワーゲンが3014台(93.3%)で続き、BMWは2464台(67.4%)で3位と低迷。

4位のアウディは1748台(86.2%)、5位はBMWミニで1633台(89.9%)、6位にボルボが1030台(78.4%)、7位はジープが940台(77.7%)、8位にプジョーが553台(79.3%)で続いた。

コロナ禍で各メーカーが委縮する中、メルセデス・ベンツは2月から毎月数多くの新型車とマイナーチェンジ版を投入。その効果が表れ、フィアットルノーのような前年比プラスとまではいかないが、同92.8%まで復調している。

フォルクスワーゲンは、新型SUVモデルのTクロスTロックが好調で、基幹モデルに上乗せされて健闘した。

いっぽうでBMWは今年に入ってからはディーゼル・モデルの拡充とPHVの追加があまり効果的ではなかったようで、前年同月比で67.4%と低迷してしまった。

記事に関わった人々

  • 上野和秀

    Kazuhide Ueno

    1955年生まれ。気が付けば干支6ラップ目に突入。ネコ・パブリッシングでスクーデリア編集長を務め、のちにカー・マガジン編集委員を担当。現在はフリーランスのモーター・ジャーナリスト/エディター。1950〜60年代のクラシック・フェラーリとアバルトが得意。個人的にもアバルトを常にガレージに収め、現在はフィアット・アバルトOT1300/124で遊んでいる。

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像