ロータスE22発表

公開 : 2014.01.25 17:00  更新 : 2017.06.01 02:14

ロータスは、2014年用F-1マシン、E22を発表した。エンジンは昨年同様ルノーを使用する。

特徴的なのはそのノーズ・セクション。噂されていたアリクイ・ノーズではなく、先端がフォークのようになった形状。

ドライバーは、ライコネンがフェラーリに移籍したため、昨年に引き続きロマン・グロージャンと、ウイリアムズから移籍したパストール・マルドナードの組み合わせ。カー・ナンバーは、グロージャンが8番、マルドナードが何と13番を付ける。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事