【AMGの限定モデルも】新型メルセデス・ベンツCLS 欧州発表 デザイン一新

公開 : 2021.04.07 18:05

フェイスリフトされた新型メルセデス・ベンツCLSが登場。スタイリングを中心に磨きがかけられています。

ボディカラーにも新色追加

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

メルセデス・ベンツCLSが一部改良を受け、スタイリングのアップグレード、新しいマイルド・ハイブリッド・パワートレイン、そして最高出力435psを誇るAMGのCLS 53 4マチック+の限定モデルが追加された。

この4ドアクーペは昨年、運転支援システムやインフォテインメント・システムのアップデートを行ったため、今回のフェイスリフトではグリルやバンパーなど、デザイン面の変更が中心となっている。

メルセデス・ベンツCLS
メルセデス・ベンツCLS    メルセデス・ベンツ

例えば、エントリーモデルの「アバンギャルド」では、フロントバンパーのデザインが変更され、コントラストの効いたクロームのスプリッターが装着された。リアにはブラックのディフューザー・インサートが採用されている。一方、パフォーマンスを重視したAMGラインでは、専用のエアインテーク、ブラックのトリムディテール、リップスポイラーを装備している。

また、新デザインの19インチホイールが全車に用意されているほか、大径の20インチホイールには新色のペイントが可能だ。また、ボディカラーの新色として、スペクトラル・ブルー・メタリックが追加された。

レーシーな300台限定モデルも

インテリアでは、多数のトリムオプションが設定され、レザーや新デザインのステアリングホイールを追加。センターコンソールはウッド仕上げが選択でき、レザーシートには新しいカラーオプションが導入されている。

300dと名付けられたモデルでは、最高出力251psの2.0L 4気筒ディーゼルエンジンを搭載し、最高出力20psの48Vスターター・ジェネレーターを内蔵している。CO2排出量は144~153g/km、燃費は20.7~21.8km/lとなる。0-100km/h加速は6.4秒で、最高速度は250km/hに達する。

メルセデス・ベンツCLS
メルセデス・ベンツCLS    メルセデス・ベンツ

CLS 53では、AMGのグリルとバンパーのデザインが変更されたほか、2つのナイト・パッケージオプションが追加された。

また、300台限定のリミテッド・エディションでは、レーシング・ストライプ、5スポットのアロイホイール、ハイグロスブラックのエクステリア・エレメント、AMGダイナミック・プラス・パッケージを標準装備している。ボディカラーはホワイトとグレーの2色のみで、ブラックの5スポークアロイホイールを履く。

アップデートされたCLSの価格は約6万ポンド(906万円)からで、英国での納車は7月から開始される予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
×