【ボルボと好相性なPHEV】ボルボXC40 リチャージT5(最終回) 長期テスト 数字のアレコレ

公開 : 2021.05.23 09:45

英国編集部でも人気のボルボXC40。そのPHEVはさらに良いのか、未来の自動車産業を担う技術はドライバーにも適しているのか、長期テストで確かめます。

もくじ

積算8482km PHEVを取り巻く様々な数字
PHEVと相性の良いスウェーデン製のSUV
遠くの目的地でも目指せる自由度
期待ほど伸びなかった燃費
セカンドオピニオン
テストデータ

積算8482km PHEVを取り巻く様々な数字

text:James Attwood(ジェームス・アトウッド)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ボルボXC40に限らず、プラグイン・ハイブリッド(PHEV)を購入する場合、関わる数字に悩むことが多いはず。長期テストのXC40 リチャージT5でも、多くの数字を意識することになった。

まず最大45kmをEVモードで走れるから、ガソリン代は節約できる。英国の場合、会社からの貸与車両として乗る人なら、47g/kmというCO2の排出量のおかげで現物給付税がお得になる。

ボルボXC40 リチャージ・プラグイン・ハイブリッドT5 インスクリプション・プロ(英国仕様)
ボルボXC40 リチャージ・プラグイン・ハイブリッドT5 インスクリプション・プロ(英国仕様)

反対に、ボルボXC40 リチャージT5の英国価格は4万8255ポンド(723万円)。ガソリンだけで走るエントリーグレードのT2なら2万5440ポンド(381万円)からで、2万ポンド(300万円)以上も多い予算が必要になる。

純EV版となるリチャージP8の英国価格は6万5ポンド(900万円)で、こちらと比べるとかなり安い。ランニングコストは、どれだけ電気モーターを利用し、どこで充電するか、あるいはガソリンをどれだけ給油するかで変わってくる。

月払いの残価設定プランなら、数年後の残価も影響してくる。特にボルボは、サブスクリプション・サービスを提供している。従来通り、ローンを組んで購入する方法も選べる。

経済的な数字の計算は、クルマの購入では重要な要素になる。筆者のように数学が得意でない人にとっても。

PHEVを購入するなら、実際に運転してみることも大切。特にXC40 リチャージT5が強く光るのは、静かにクルージングしている時の快適さ。スカンジナビアン・デザインのインテリアは、ただ時間を過ごすだけでも心地良い。

もともとXC40のインテリアには感心していたが、上級なインスクリプション・プロならもっとイイ。

PHEVと相性の良いスウェーデン製のSUV

XC40 リチャージT5をしばらくの期間運転して強く実感したのが、スウェーデン流の仕立てが、PHEVのパワートレインと相性が良いということだった。

市街地の短距離移動なら、電気だけで走りきれる。その車内は、北欧の森で穏やかに過ごすような、静寂でリラックスした雰囲気に包まれる。30kmくらいまでの距離なら。

ボルボXC40 リチャージ・プラグイン・ハイブリッドT5 インスクリプション・プロ(英国仕様)
ボルボXC40 リチャージ・プラグイン・ハイブリッドT5 インスクリプション・プロ(英国仕様)

バッテリーが空になると、ノイズと振動を伴う内燃エンジンが始動する。それでも、XC40 リチャージT5は上質で洗練された走りを披露してくれる。EVモードほどではないけれど。

一度マイルド・ハイブリッドのB4に乗る機会もあり、それも充分効果的で静かなクロスオーバーだった。同時に、PHEVのパワートレインが生む上質さを、改めて気付かされることにもなった。

XC40 リチャージT5を通じで、PHEVの最も効果的な利用法を学ぶこともできた。車載のナビを活用すれば、自動的にバッテリーの電力消費が最も効率良くなるように計算され、走ってくれるという発見も大きかった。

初めからバッテリーの充電量は多い方が、常に良い燃費が得られる。カタログ値では45kmとうたわれるEVモードでの航続距離は、32kmくらいが実際。PHEVのライバルより短いし、冬場など気温が低いとさらに短くなる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事