【外装/内装/詳細/価格は?】三菱RVR一部改良 安全装備充実/外装色追加

公開 : 2021.07.16 06:45

三菱は、コンパクトSUVのRVRを一部改良し、2021年7月15日から販売を開始しました。

強敵多し 「RVR」が進化

三菱は、コンパクトSUVのRVRを一部改良し、2021年7月15日から販売を開始した。

今回の主な改良点は、安全装備の充実。グレード「G」、および「ブラック・エディション」に、これまでメーカーオプションであった後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト付)、後退時車両検知警報システムを標準装備化した。

三菱RVR
三菱RVR    三菱

外装は、パールの白い輝きと金属のような陰影をあわせ持つ、三菱独自の高輝度塗装であるホワイトダイヤモンド(有料色7万7000円)を新たに採用。

内装は、「ブラック・エディション」に装着されているコンビネーションシートの座面、および背もたれ面のスウェード調素材に撥水機能を追加することで、シートを汚れにくくした。

また、フロアコンソールボックス後席側に充電用USBポートを追加し、後席乗員の電子機器充電の利便性が向上した。

価格(税込)は214万3900円~274万4500円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事