トヨタ、水素燃料電池自動車を2015年に発売

公開 : 2014.04.17 18:30  更新 : 2017.06.01 02:13

トヨタは、水素燃料電池モデルを2015年に数量限定で発売すると発表した。

現行のアヴェンシス・サイズの小型サルーンで、先月のジュネーブ・モーターショーで発表されたFCVコンセプトの技術を移植したモデルとなる。FCVコンセプトは、1回のフルタンクで800kmを走行することが可能だ。

トヨタ・ヨーロッパの社長、ディディエ・ルロイは、水素燃料電池が普及するまでには時間が必要だとコメントしている。しかし、「ある程度の数をヨーロッパで販売する予定で、街中で見ることが可能な台数を販売する予定だ。」とも語っている。

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像