旧いイタリア車が激走 2021コッパ・デル・ラヴォーロ・イタリアーノ

公開 : 2021.11.20 11:45

旧いイタリア車の走行会が、名阪スポーツランドで開催。どんなモデルが集まったのでしょう? 熱いタイムアタックの現場からレポートします。

今年もラヴォイタ開催

photo:Club Mother Head(クラブマザーヘッド)、Taichi Ito(伊藤泰地)

 
「イタリア旧車の大運動会」として2011年に始まったコッパ・デル・ラヴォーロ・イタリアーノ。長い名前だけに、いつしか「ラヴォイタ」と呼ばれ親しまれてきた。

「ラヴォイタ」はクラブマザーヘッドが主催するタイムトライアルで、サーキット初心者でも楽しめるハードルの低いタイムトライアルとして始められた。

ラヴォイタには興味深い趣味車が集まる。イタリア車はフィアット500からアルファ・ロメオ、アバルトとマニアックなモデルが並ぶ。
ラヴォイタには興味深い趣味車が集まる。イタリア車はフィアット500からアルファ・ロメオアバルトとマニアックなモデルが並ぶ。    クラブマザーヘッド

初回から名阪スポーツランドのEコースで行われ、走りを愛する古いイタリア車オーナーにとって、秋の定番サーキット・イベントとして欠かせない存在となっている。

参加できるのは1975年までに製造されたイタリア車で、同じ形式であれば1980年以降の生産車でもOK。アウトビアンキA112やフィアットX1/9、アルファ・ロメオのスパイダーやアルファスッドなどがその例にあてはまる。

エントリーはイタリア車限定ではなく、フランス車やドイツ車、イギリス車、日本車などの1979年以前に造られたモデルであれば参加できる。要は旧い車を愛する者同士で走りを楽しもうというイベントなのである。

サーキット・イベントなのだが、レース形式ではなく1台ずつアタックするタイムトライアル形式とされている。そのため初めて参加する方でも安心して走れることが特徴だ。

排気量によるクラス分けも行われ、600cc以下、850cc以下、1300cc以下、1800cc以下、排気量無制限の5クラスとされ、小排気量車でも入賞できるように配慮されている。

2021年大会を開催

コロナ禍によりクルマのイベントに様々な影響が出ていたが、幸い緊急事態宣言が解除されたことから、2021年のラヴォイタは10月24日に無事開催することができた。

いつものようにイタリア車を中心とする48台が名阪スポーツランドに集まった。今回はイタリア車以外のニューカマーが3台参加して注目を集めた。

タイムトライアルは1台ずつ行われるので、初めてサーキットを走行するビギナーでも不安なく走れるのが美点といえる。
タイムトライアルは1台ずつ行われるので、初めてサーキットを走行するビギナーでも不安なく走れるのが美点といえる。    クラブマザーヘッド

ドイツ車のフォルクスワーゲンビートルをベースにFRPボディを架装したデューン・バギーと、ミニのバリエーションとして登場したライレー・エルフが姿を見せた。

日本車ではハイウェイのカモシカというキャッチフレーズでデビューしたトヨタ・パブリカ(KP30)が初お目見え。このパブリカは1300ccクラスの優勝をゲットする素晴らしい走り披露して会場を沸かせてくれた。

記事に関わった人々

  • 執筆

    上野和秀

    Kazuhide Ueno

    1955年生まれ。気が付けば干支6ラップ目に突入。ネコ・パブリッシングでスクーデリア編集長を務め、のちにカー・マガジン編集委員を担当。現在はフリーランスのモーター・ジャーナリスト/エディター。1950〜60年代のクラシック・フェラーリとアバルトが得意。個人的にもアバルトを常にガレージに収め、現在はフィアット・アバルトOT1300/124で遊んでいる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

トヨタの人気画像