フォルクスワーゲンGTIロードスター

公開 : 2014.05.23 22:40  更新 : 2017.06.01 02:12

フォルクスワーゲンは、5月29日にオーストリアで行われるヴェルターゼ・フェスティバルにおいて、GTIロードスターとネーミングされた2シーター・モデルを発表する予定だが、その公式スケッチが公開された。

このモデルは、ソニーのTVゲーム、グランツーリスモ用に開発されたモデルである。

ウォルフルブルグにあるフォルクスワーゲンのメイン・デザイン・スタジオの手によるもので、そのベースは現行ゴルフとなる。特徴的なウェッジ・シェイプのシルエットを持ち、傾斜した低いフロント・ガラス、大きなホイールアーチ、巨大なリア・ウイングなどが特徴。パワー・ユニットは、500psを発揮するツインターボの3.0ℓVR6が搭載される。このエンジンは、現在、ドイツのブラウンシュヴァイクのR&Dセンターで開発途中にあるという。パワーは500ps、トルクは67.4kg-mで、7速デュアル・クラッチ・ギアボックスが装備される。

タイヤは、フロントが235/35、リアが275/35、ホイールは20インチで、フロントがφ380、リアがφ356のディスク・ブレーキが奢られる。

さすがにこのGTIロードスターはコンセプト・モデルの域を出ず、プロダクション・モデルとなる可能性は極めて低い。フォルクスワーゲンも “エンジニアリング・アイデア” だとしている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事