「馬力」のトップランカー 17選 最高出力1000psオーバー! 世界最強の市販車大集合

公開 : 2022.01.01 06:05

SSCアルティメット・エアロXT – 1318ps(2004~2013年)

コルベットをベースとしたSSCエアロは、最高出力793psで良好なスタートを切った。そして、アルティメット・エアロが1318psで見事にゴールを決めた。ツインターボチャージャーのおかげで2倍近い馬力を発生し、最高速度は412km/hに達する。風洞実験では、良好な条件下で439km/hを達成できることがわかっている。

アルティメット・エアロXTは6.9Lのシボレー製V8エンジンを搭載し、最高速走行テスト中に時速305kmでホイールスピンが発生したと報告されている。これだけのパワーがあるにも関わらず、74万ドル(約8460万円)のXTは5台しか買い手がつかなかった。不思議だ。

SSCアルティメット・エアロXT
SSCアルティメット・エアロXT

NextEVニオEP9 – 1379ps(2016年)

NextEVニオEP9は、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで6分45秒9のラップタイムを記録し、ランボルギーニアヴェンタドール LP770-4 SVJにわずか0.5秒の差をつけて迫っている。EP9は、同サーキットでこれまでで最も速いEVとなっており、直線だけでなくコーナーでも非常に速いことが証明された。

それは、NextEVの4基の電気モーターが約1メガワットのパワーを発揮しているからだ。アクティブサス・ペンションと強力なエアロパーツが搭載され、240km/hで2.5トンのダウンフォースを発生し、F1マシンに匹敵するほどのパフォーマンスを実現している。価格は120万ドル(約1億3700万円)で、これまでに6台が販売されている。

NextEVニオEP9
NextEVニオEP9

ブガッティ・シロン – 1500ps (2016年)

ブガッティが新型車を発表したとき、誰もがヴェイロンを凌駕するだろうと考えていたが、出力が300psアップで1500psになったことはやはり驚きだった。335万ドル(約3億8000万円)で得られるスピードは420km/h。ただし、標準タイヤではこれ以上対応できないため、電子制御で制限されている。現在、市販車の世界速度記録は強化型のシロンが保持し、2019年に490.4km/hを記録している。

その最高速度が注目を集める一方で、クアッドターボ8.0L W16の巨大なパワーで楽しませてくれることは他にもある。0-97km/h加速2.4秒という速さは世界一というわけではないが、420km/hのリミッターに突き当たるまで、まるで荒れ狂う牛のように休むことなく突進を続ける。シロンのパワーをまざまざと見せつける走りだ。

ブガッティ・シロン
ブガッティ・シロン

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像