BMW M7はゴーサイン寸前

公開 : 2012.06.14 14:18  更新 : 2017.06.01 00:55

BMWノース・アメリカのCEO、ルードウィッヒ・ヴィリシュによれば、BMW 7シリーズのフラッグシップ、M7の開発はゴーサインが出る寸前まできているという。

BMW Mディビジョンの前のヘッドでもあるヴィリシュは、彼と中国の担当者がミューニッヒにM7の製造を強く進言しているという。

「必ず計画は実行される」とヴィリシュはAUTOCARに話したが、そのタイムテーブルについてはまだ確実なものはないようだ。

以前BMWはM7をそのラインナップに加えることに難色を示したが、現在ものすごいスピードで拡大している中国市場のラグジュアリー・パフォーマンス・マーケットでは、M7ようなクルマが望まれているのだという。

ちなみに、BMW6シリーズ・グラン・クーペのMモデルは来年に生産が開始されることが決定したが、X5 M、X6 Mの需要が増えているにもかかわらず、BMWはX1とX3にはMモデルを作らない決定をした。しかし、小さなクロスオーバーSUVを強化するためにMパフォーマンス・ラインは提供するという。

関連テーマ