1842馬力のコンバーチブル 新型ヘネシー・フェノムF5ロードスター公開 お値段4億円

公開 : 2022.08.19 18:25  更新 : 2022.08.20 14:02

米国のヘネシーは、ヴェノムF5のロードスター仕様を公開。世界最速のコンバーチブルを目指し、6.6L V8エンジンで1842psを発生。約4億円で販売され、すでに完売しているとのこと。

6.6L V8を積んだコンバーチブル

ヘネシーは、世界最速を目指すハイパーカー、ヴェノムF5のロードスター仕様を公開した。

最高出力1842psの6.6L V8エンジン「フューリー」を搭載し、最高速度480km/hを超える世界最速のコンバーチブルになると期待されている。

ヘネシー・ヴェノムF5ロードスター
ヘネシー・ヴェノムF5ロードスター    ヘネシー

ヴェノムF5ロードスターは、ファンからの要望を受けて誕生したという。取り外し可能な重さ8kgのルーフと、エンジンが見えるガラス窓を備えているが、それ以外の仕様はクーペとほぼ同じである。

6.6L V8エンジンは、カーボンファイバー製タブにミドマウントされ、7速シングルクラッチATと接続。後輪のみを駆動する。

ヘネシーは、2010年に発売されたヴェノムGTスパイダーが持つ、コンバーチブルとしては世界最速の427km/hという速度記録を超えると期待している。ルーフを取り外したときの最高速度は今のところ未公表であるものの、480km/hを超えるよう設計されているという。

0-100km/h加速のタイムも不明だ。クーペでは2.6秒を記録しているが、ロードスターではシャシー剛性を高めるために20kgの重量増(1405kg)となっており、若干遅くなると予想される。

スペースシャトルの「欠片」も付属

同社のジョン・ヘネシーCEOはAUTOCARの取材に応え、「F5ロードスターを作りたかったのは、直感的な感触、感覚、音、フューリー(エンジン)が耳のすぐ後ろで1842psを発揮する音、風、全体的な過負荷が、わたし個人としても楽しみだったからです」と語った。

ルーフについては、「ガレージの壁に立てかけておくだけでなく、彫刻作品のように、アートギャラリーやリビングルームに置いておけるようなものにしたかったのです。本当に美しい作品ですね。そのような小さなディテールが、お客様にとって本当に重要なのです」としている。

ヘネシー・ヴェノムF5ロードスター
ヘネシー・ヴェノムF5ロードスター    ヘネシー

エンジンからの熱風を排出するダクトなど、アグレッシブなエクステリアも特徴的だが、スペースシャトル「エンデバー号」の部品の一部が入ったキーフォブのように、さまざまな「イースターエッグ」が仕掛けられているという。

ヘネシーCEOは、「絶対的な速さを追求することが目的だった」としつつ、「サプライチェーンの遅れがあったため、こうした小さなイースターエッグを組み込むための時間を得られた」と述べている。

ヴェノムF5ロードスターは30台のみ製造され、2023年初頭から納車を開始する予定。価格は300万ドル(約4億円)で、すでに完売しているとのこと。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

モントレーカーウィーク2022の人気画像