トヨタ、中国での駆動部品生産工場の開業式を実施

2014.07.30

トヨタが江蘇省常熟高新技術産業開発区に設立したトヨタ自動車(常熟)部品有限会社(以下TMCAP)の開業式が7月30日に実施された。

TMCAPは、2012年7月に設立し、今月14日より、中国の小型車用にCVTの生産を開始。トヨタとしては初めて海外でCVTを生産する拠点となる。なお、TMCAPでは、2015年内にハイブリッド用トランス・アクスルの生産も予定している。

式典において、TMCAP董事長であるトヨタの須藤誠一副社長は、「トヨタのR&DセンターであるTMECでは、ハイブリッド技術を中心とした研究開発を進めている。TMCAPとTMECとで連携を取りながら、今後も時代が求め、中国のお客様が求める環境ユニットの開発・生産を進めていく」とコメントしている。

 

人気記事