改良新型「ホンダNワゴン」の価格発表、9/23発売 「踏み間違い抑制」の新機能とは?

公開 : 2022.09.22 12:02  更新 : 2022.09.23 13:46

ホンダN-WGN(Nワゴン)/カスタムは、マイナーチェンジでどう変わったのでしょう? 「急アクセル抑制機能」を中心にご紹介します。

特別仕様車「Nスタイル+ビター」も登場

ホンダの軽自動車、Nワゴンが、3年目のマイナーチェンジを迎えた。

軽トールワゴンならではの広い室内と、暮らしになじむ機能性・デザインが好評のモデルで、現行型は2019年に発売された2代目となる。

改良新型ホンダNワゴン(新色フィヨルドミスト・パール)
改良新型ホンダNワゴン(新色フィヨルドミスト・パール)    ホンダ

標準型とカスタムの2系統をラインナップし、後者にはターボを用意。すべての車種で先進運転支援システム「ホンダセンシング」が標準装備されている。

今回のマイナーチェンジは、デザイン面では、Nワゴンに新色(フィヨルドミスト・パール、プレミアムサンライトホワイト・パール)を追加。

Nワゴン・カスタムは、スポーティ性と存在感を高めている。

また、標準型の上位グレードにあたる「L」には、特別仕様車の「スタイル+ビター」が登場した。

Nワゴン全体としての大きな進化は、ホンダセンシングの新機能となる「急アクセル抑制機能」を、ホンダ車として初採用したことだ。

急アクセル抑制 販売店でキーを登録

「急アクセル抑制機能」は、万が一アクセルペダルとブレーキペダルを踏み間違えた際に、加速を抑制し、警告音/ディスプレー表示でドライバーに注意喚起するもの。

工場出荷時は、急アクセル抑制機能は「無効」となっている。有効化にはホンダ販売店で、クルマのキーに対して登録作業が必要となる(有償)。

改良新型ホンダNワゴン・カスタム
改良新型ホンダNワゴン・カスタム    ホンダ

有効にされたキーは識別のためイエローのキーカバーを装着することをホンダは推奨している。

そして、このキーで解錠すると機能が「有効」になるわけだ。まず、エンジンを始動すると「急アクセル抑制機能ON」とメーター部の右側に表示される。

踏み間違いを検知した場合、Nワゴンはピーピーピーという警告音とともに、「急アクセル抑制機能作動中 アクセルを戻してください」というメッセージを表示。

そのとき、クルマは急加速せずに、クリープ相当の速度で進むという流れである。

前・後方の障害物を検知して急発進の抑制を行う「誤発進抑制機能」「後方誤発進抑制機能」に加え、障害物がない場合においても加速抑制が可能となり、ペダル踏み間違いによる事故のさらなる抑止、被害軽減が期待されるとホンダは説明している。

価格/新ボディカラーについて

改良新型Nワゴンの価格は下記のとおり。

G:129万8000円(FF)/143万1100円(4WD)
L:139万9200円(FF)/153万2300円(4WD)
Lスタイル+ビター:154万9900円(FF)/168万3000円(4WD)

改良新型ホンダNワゴンの前席内装
改良新型ホンダNワゴンの前席内装    ホンダ

カスタムL:164万8900円(FF)/178万2000円(4WD)
カスタムLターボ:174万9000円(FF)/188万2100円(4WD)

また、新色が加わったNワゴンのボディカラーは以下の色が用意されている。

フィヨルドミスト・パール(新色)
プレミアムサンライトホワイト・パール(新色)
フレームレッド
プラチナホワイト・パール
クリスタルブラック・パール
ルナシルバー・メタリック

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ホンダの人気画像