2014パリ・モーターショー・プレビュー

公開 : 2014.08.14 22:30  更新 : 2017.06.01 02:12

2014年のパリ・モーターショーは、ポルテ・デ・ヴェルサイユを舞台に10月2日より開催される。予想される出品車のうち、ブランニュー・モデルは、ジャガーXE、ランドローバー・スポーツ・ディスカバリー、ボルボXC90、スマート・フォーツーおよびフォーフォー、メルセデス・ベンツAMG GTなどだ。また、コンセプト・モデルも多く出品されることだろう。

現時点でリリースがほぼ確定しているリストだ。

アウディTTロードスター

アウディTTのロードスター・バージョンはパリでデビューする。エンジンは、標準的な2.0ℓターボで、パワーは230psをマークする。

アウディS6 フェイスリフト

新しいS6サルーンは、ミッドライフのフェイスリフトが施される予定。新しいフロント・エンド・デザインとLEDヘッドランプが与えられる。エンジンは435psの4.0ℓツインターボ・ユニットで、0-100k/hが4.6秒というパフォーマンスを発揮する。

アウディRS3

メルセデス・ベンツA45AMGと、BMW M235iに対抗するホットハッチがアウディのラインナップに必要となることを受け、A3ベースの最もホットなモデルがラインナップに加わる。2.5ℓユニットは、先代のRS3の340psよりも大きい360psとなると思われる。

アウディR8
まだ正式にデビューが決定したわけではないが、パリで第2世代のR8が公開されるかもしれない。ベースは兄弟車であるランボルギーニ・ウラカンと共有で、エンジンはV10の他にV8が用意される。駆動方式は4WDのみだ。

アウディR8

本来モスクワ・モーターショーで公開される予定だったX6のワールド・プレミアのスケジュールは、2ヶ月ほど伸ばされ、このパリで登場することとなった。既にその写真は公開されており、オーダーも受付が開始されている。

フィアット500X

来年はじめに生産がスタートするジープ・レネゲードの兄弟モデル、フィアット500X。これでフィアット500ファミリーのラインナップが完成することとなる。エンジンはまだ明らかにされていないが、マルチエア・ディーゼルとツインエア・ガソリンは用意される。

フォードS-マックス

第2世代のフォードS-マックスもこのパリでデビューするものと思われる。モンデオやフュージョンと同様、グロバールC/Dプラットフォームがベースで、ラグジュアリーなヴィニャーレ・バージョンも来年早々には登場する予定だ。

ホンダ・シビック フェイスリフト

フロント・エンドのデザインを大きく変更したシビックのフェイスリフト・バージョンが公開される。やがて公開されるであろうシビック・タイプRと同様のデザイン処理が行われるもので、いまひとつぱっとしないシビックの売上にテコ入れする目的がある。

ヒュンダイi20

£10,500(180万円)からという非常に安い価格が武器となるヒュンダイi20。フォード・フィエスタにどこまで対抗できるかだ。最初に5ドア・バージョンが発売され、3ドア・バージョンは後からの追加となる。また、Nバッジをつけたハイ・パフォーマンス・バージョンも、5ドアの発表直後に加えられる。

ジャガーXE

9月のロンドンで正式発表されるBMW 3シリーズに対抗するジャガーのスモール・サルーン。パリ・モーターショーがワールド・プレミアの舞台となる。JLRの新しい4気筒ユニット、インゲニウム・エンジンを搭載するモデルで、英国では来年早々からの発売が予定されている。

キア・ソレント

第3世代となるソレントは、クロスGTコンセプトとして公開されたモデルの影響を強く受けたモデルで、来年初めには市場に出回る予定だ。日産エクストレイルや三菱アウトランダーをライバルとして見ているが、よりラグジュアリーなインテリアを特徴とする。

ランドローバー・ディスカバリー・スポーツ

ランドローバー・ディスカバリー・ビジョン・コンセプトからデザイン・キューを多くとったディスカバリー・スポーツは、ディスカバリーとしては初のエクステンド・ボディ・モデル。フリーランダーに変わるモデルで、5+2レイアウトが設定される。

マツダMX-5

9月に公開されるマツダMX-5も、このパリがワールド・プレミアの場所となる。エンジンは従来通り4気筒。そしてリア・ホイール・ドライブのモデルとなる。

メルセデス・ベンツS500ハイブリッド

11月から英国でも販売が開始されるS500のプラグイン・ハイブリッド・モデル。電気だけで30km以上の航続距離を持つ。その燃費は35km/ℓ以上で、0-100km/h加速は5.2秒というパフォーマンスを持つ。

メルセデス・ベンツC63 AMG

C63 AMGは、サルーン、クーペ、カブリオレ、エステートの4つのボディが揃えられる。エンジンは487psから588psの間のパワーと予想される新しい4.0ℓツインターボV8が搭載されるものと思われる。

メルセデス・ベンツAMG GT

510psの新しい4.0ℓツインターボV8を搭載した、SLSに代わるトップ・モデル。息を呑むような美しさと機能性兼ね備えたモデルであると、メルセデスはコメントしている。

ポルシェ・カイエン フェイスリフト

すでにオーダーを受け付けているフェイスリフトされたカイエン。パリでワールド・プレミアを果たした直後からショールームに届けられる。ガソリン、ディーゼル・モデル共に用意されるが、416psを発揮するハイブリッド・モデル、S Eハイブリッドがラインナップに加えられる。

サンヨンX100コンセプト

ジュネーブ・モーターショーでプロダクション・モデルが公開される予定だが、このパリ・モーターショーではファインル・バージョンのコンセプト・モデルが公開される。しかし、その内容はほぼプロダクション・モデルに近いものと予想される。

スコダ・ファビア

ラピッドやオクタビアよりもスッキリとして綺麗で、現代的なデザインが与えられることが分かっているハッチバック・モデル、ファビア。現行モデルとほぼ同じボディ・サイズで、シティゴに設定される1.0ℓガソリン・エンジンをはじめ、1.2ℓ、1.4ℓのガソリンと、1.6ℓのディーゼル・モデルが用意される。

スマート・ツーフォー & フォーフォー

ルノー・トゥインゴをベースとしたモデルに生まれ変わったスマート・ツーフォーおよびフォーフォー。トヨタ・アイゴ、プジョー108、シトロエンC1などが直接のライバルとなる。ボディ・スタイルは、安全性の点から、ややコンベンショナルな2ボックス・スタイルとなったのも特徴だ。

ズズキ・コンパクトSUV

iV-4コンセプトからインスパイアされた新しいコンパクトSUVがパリでデビューする。ライバルは日産ジュークとルノー・キャプチャーだ。エンジンはSX4 S-クロスと同じラインナップで、製造はハンガリー工場で行われる予定。

ヴォグゾール・コルサ

英国でのベストセラー・モデル、ヴォグゾール・コルサは、フォード・フィエスタと真っ向戦うモデル。ベース・モデルは£10,000(171万円)以下で、エンジンはターボ付きの1.0ℓとなる。

フォルクスワーゲン・パサート

第8世代となるパサートは、メルセデス・ベンツやBMWと戦うためにアップマーケット向けに生まれ変わる。来年登場するオールトラックやクーペ・スタイルのCCのベースともなるモデルだ。価格はエントリー・モデルで、£22,000(380万円)。

ボルボXC90

新しいSPAプラットフォームを採用する最初のボルボとなるXC90。7シーターとなるインテリアは既に公開されている。エンジンは4気筒のガソリンおよびディーゼルで、ガソリン・エンジンをベースとしたハイブリッド・バージョンもラウンチ時からラインナップに加えられる。

 

人気記事