第4世代のマツダ・ロードスターを発表

2014.09.04

マツダは本日、4代目となる新型マツダ・ロードスターを日本、米国、スペインで行われたファン参加型イベントで世界初公開した。

新型ロードスターは、SKYACTIV技術とデザイン・テーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を採用したモデルで、2015年よりワールドワイドに展開する予定。

マツダは、この新しいロードスターについて、第1世代に回帰し、オープン・ライトウェイト・スポーツの基本的な楽しさを追求した、とコメントしている。そのことは、第3世代のロードスターよりもコンパクトに、そして軽量になったことからも窺い知れる。

このニュー・ロードスターは、およそ100kgほどダイエットしたボディを持つのも特徴である。また、サイズは、ホイールベースが15mm縮小され、全長も105mm短くなっている。全高は20mm低くされ、全幅のみが10mm増えている。

エンジンは、従来の2.0ℓ1本に対し、1.5ℓと2.0ℓの2本立てということになりそうだ。ダイレクト・インジェクションによるガソリン・エンジンのみで、パワーは140psと180psとなりそうだ。2.0ℓで比べると、約10psほどのパワーアップとなる。また、エンジンは、第3世代に較べてより後方に、そして低い位置に搭載される。

サスペンション・レイアウトは、フロントがダブル・ウィッシュボーン、リアがマルリリンクだが、ブラッシュアップが行われる。

関連ニュース

▶ 海外ニュース / 次期マツダ・ロードスターは1.5ℓSkyActive-G
▶ 海外ニュース / 159の後継モデルはジュリア
▶ 海外ニュース / 新型マツダMX-5にディーゼル・エンジン搭載か
▶ 海外ニュース / マツダとフィアット、アルファ・ロメオ車の生産に向けた事業契約を締結

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事