メルセデス・ベンツS500プラグイン・ハイブリッド

公開 : 2014.09.23 23:40  更新 : 2017.05.13 12:51

■どんなクルマ?

2017年の終わりまでに揃うことになる、およそ10のモデル・レンジのうち、プラグ-イン・ハイブリッドの一発目がこちらのS500だ。

S300ブルーテック・ハイブリッドやS400ハイブリッドの後継にあたるこのモデルが今までのモデルと大きく違うのは、拡大されたバッテリーが家庭用のコンセントや、ハイ・ボルテージ電気システムから充電可能になった点だ。

したがって先代の用いていたものよりも遥かに大きなバッテリーを積むことが可能になり、その結果比べ物にならないほどのエネルギーを蓄える事により、航続可能距離は約10倍に伸びたのだと言う。

理想的な天候かつ、さほど負担を掛けない走行ならば、約32kmをバッテリーのみで走ることができるのだそうだ。

エンジンはメルセデス自慢の3.0ℓ V6直噴。エンジン単体では245psと48.9kg-mを発揮、その傍らでギアボックス前方に配されるバッテリーは116psと34.7kg-mを発揮する。

2つの動力源を複合させた際の最高出力は442psと66.2kg-mを発揮すると聞いた時に、ポルシェ・パナメーラS E-ハイブリッドの3.0ℓスーパーチャージャー・ガソリンと、電気モーターの複合出力である421psと60.1kg-mを上回っていることに気がついた。

逞しい出力は7速オートマティック・ギアボックスを介して後輪へと伝えられ、ギアボックスのモードはE(エフィシェンシー)、S(スポーツ)、E(エコノミー)から選ぶことが可能。ドライビング・モードはハイブリッド、E-モード、E-セーブ、チャージの4モードが用意される。

メルセデスによると、6年間、あるいは9万7千kmまで8.7kWhのバッテリーの保証を受け持つということだ。

バッテリーによって増加した総重量は2140kg。4.7ℓ V8ターボを載せたS500よりも145kg重くなったことが、走りにどのような影響をもたらすのかも気になるところだ。

■どんな感じ?

市街地や空いた道路問わず、どこを走っても穏やかなことにまず驚かされる。

新しいドライブラインはスイスの時計のように精巧で、どのモードを試してみても、キャビンに入ってくるはずの音は尽く跳ね返されて、どこか遠くに行ってしまったように感じる。エンジンで走っているのか、バッテリーで走っているのか、はたまた両方が仕事を行っているのかは運転していて体感的に気づくことはない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事