テスラの3番目のモデルは240万円で2015年に登場

公開 : 2012.07.12 11:57  更新 : 2017.06.01 00:59

テスラの3番目のモデル、BMW 3シリーズのライバルとなるモデルは現在開発が進められている。この新しいモデルは、2015年の早い時期に発表することができるだろうと、テスラのチーフ・デザイナー、フランツ・フォン・ホルツハウゼンは語っている。

テスラは今、モデルSサルーンのデリバリーを開始したところで、来年後半にはモデルSベースのモデルX SUVの生産に入る予定だ。

「第3のモデルは、可能な限り安いプライスタグを付けたい」とフォン・ホルツハウゼンは言う。彼は、19,000ポンド(240万円)がエントリー・レベルのモデルの目標だという。また、「われわれがブランドとして発展していくためには、より実験的でなくてはいけない。そのため、新しいモデルは、モデルSよりもより特徴的なスタイリングが必要だ。われわれが造るクルマは個性的でなくてはならない。」とも語った。

10cmの高さを持つバッテリーをキャビンの床に持つテスラのプラットフォームは、非常に柔軟性に溢れる。「われわれは多くのプラットフォームを開拓する方法を数多く持っている。電気モーターのトルクが適しているマーケットに向けて、われわれは開発を進めていくことになるだろう。」とフォン・ホルツハウゼンはコメントしている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

テスラの人気画像

×