コラム&エッセイ

2018.10.11

社会人1年目、ポルシェを買う。

編集部より

皆さん、こんばんは。「社会人1年目、ポルシェを買う。」の上野太朗です。シャカイチ号が旅立ち、駐車場は空。寂しさを紛らわすために(?)料理なんかしています。しかし、いつまでもそうはいかず。まずはお金の用意が必要ですね。金融機関にいろいろとお話を聞きました。

第77話:空冷ポルシェを買うために、どこでお金を借りるべきか。

もくじ

まずはお金、である
金融機関 アタックリスト
どこからお金を借りようか

まずはお金、である

空冷ポルシェがほしいと騒ぎだし、
買うからには売ることが先だと書いた途端に
わがシャカイチ号(996型ポルシェ911)は、
あっという間に新しいオーナーの元へ嫁いだ。

寂しけれど、いつまでもそうしていられない。
よし探すぞ! と思ったものの、
もっとも大切なことに向き合わなければならない。

まずは、お金だ。

理想の個体さがしは置いておいて、
いったい、いくらのクルマが僕は買えるのか。
怖い気持ちもあるけどね。向き合うほかない。

というわけで、金融機関にお邪魔した。

まず確認しておきたかったのが「金利」
せっかくお金を貸してもらうのだから
賃借料を払わねばならないのは当然だけど、
だからといってあまり多く払うのはツラい。

というわけで、相談にいく機関をリストにした。

next page金融機関 アタックリスト

すべての画像をみる

AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。
 
 
 

人気コンテンツ