コラム&エッセイ

2018.12.17

Juju(野田樹潤)ブログ

編集部より

12歳のプロレーサーJuju(野田樹潤)の連載。第12回は、マレーシアに初上陸し、FIA F4 SEA(サウスイーストアジア)で走行したお話です。海外武者修行第1弾として、海外からのホープに混じり、セパンサーキットでの練習走行/テストをおこないました。

第12話:マレーシアに初上陸 FIA F4 SEAでセパンを走行 ー Juju(野田樹潤)ブログ

photo:Hideki Noda(野田英樹)

もくじ

マレーシアに初上陸!
どんな練習だった?
もうひとつの大切な役割

マレーシアに初上陸!

11月26日は、マレーシアに初上陸!

FIA F4 SEA(サウスイーストアジア)で走行するチャンスをいただき、セパンサーキットに行ってきました。

もちろん、レースに参加するにはライセンスが必要ですよ。でもレースに出ている車両と一緒に、練習するのはOK。

というわけで、Jujuの海外武者修行第1弾はセパンサーキットでの練習走行となりました!

だんだん寒くなってきた日本とは違い、12月のマレーシアは真夏のような暑さ。気温は35°くらいはあったかな? 湿度も高いので、トレーニングにはぴったりの環境でした。

チームスタッフはみなさん外国の方で、コミュニケーションはすべて英語。最初はちょっと緊張したけど、みなさん親切で陽気な方ばかり。楽しい雰囲気で挑戦することができましたよ!

参加しているのは、ヨーロッパやアジアの若い選手たち。みんな、各国のフォーミュラのチャンピオンや上位ランキング者、カートのチャンピオンなんですね。

そのなかでも、12歳のわたしはやっぱり最年少でした。

練習は全部で3日間。1日に、1時間ずつの練習を3セッションやって、3日間で合計200周ぐらい走りました。1回の練習で一緒に走るのは、8~10台といったところです。

next pageどんな練習だった?

すべての画像をみる

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦が始まっている。
 
 
 

人気コンテンツ