Juju(野田樹潤)ブログ

2018.12.17

第12話:マレーシアに初上陸 FIA F4 SEAでセパンを走行 ー Juju(野田樹潤)ブログ

どんな練習だった?

今回の練習の目的は、高速サーキットの経験を積むということでした。

まずはチームのスタンダードなセッティングで、少し乗りづらくても、とにかく周回を重ねて、コースに慣れることに専念したんです。

初めてのサーキットなので、最初はとっても難しかったな~。

コーナーやブレーキングに戸惑ってしまったり、完全なウェット路面なのに、スリックタイヤでコースインすることもあったし。

マレーシアって、天気がよかったのに、突然激しい雨が降ってきたりするんですよ! だからタイヤ選びも難しい。

とにかく慣れないことばかりなので、走り始めはタイムもほかの選手からずいぶん離されました。

こんなことって初めて。う~ん、悔しい~~!

でも、低速コーナーは他の誰よりも速いことがデータでわかったので、岡山国際サーキットでの練習がちゃんと活かされているっていうこと。

「これからは、高速コーナーにも慣れていけば大丈夫。トップドライバーになるには、『負けても負けてもあきらめない』精神で頑張るしかない!」

そう言い聞かせて、少しずつペースアップしていきました。

最初は歯が立たないなと思った瞬間もあったけれど、海外の速いドライバーたちと、抜きつ抜かれつのバトルをしながら走れたのは楽しかったし、最終的には、レースでも十分戦えるレベルまでペースもつかめて、トップ3に入れたのは、すごく嬉しかったですね。

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦が始まっている。