Juju(野田樹潤)ブログ

2018.12.17

第12話:マレーシアに初上陸 FIA F4 SEAでセパンを走行 ー Juju(野田樹潤)ブログ

もうひとつの大切な役割

実は、今回、わたしには練習走行のほかに、チームから任されていた大切な役割がありました。

それは、マシン開発のためのセッティングを行うということです。

マシンの新しいセッティングって、普通は経験の多いベテランドライバーがやるものなのだそうですが、わたしにやらせてもらえるなんて!

そして、わたしがOKを出したセッティングを、チームメイトのドライバーが「良かった!」と評価してくれたのも嬉しかったです。

自分にとって今後の評価につながることなので、自信もついたし、本当に引き受けてよかったな~って思いました。

でも、最後にひとつだけ心残りなことが。

開発テストが終わって、ニュータイヤでの予選シミュレーションの機会をいただいたんですが、コースイン直後、まさにこれからっていうときに、いきなりの雨!!

あ~~、せっかく、練習の成果を出し切るつもりだったのに……。全力のタイムを出すことができなかったのが、すごく悔しい~。

これはまた、別の機会にお預けですね。

というわけで、大変だったことや残念だったこと、いろいろあったけれど、セパンでの3日間は、それ以上に楽しく、とても充実したものになりました。

海外のトップドライバーたちと一緒に走って、伸ばしていかないといけない部分もたくさんあることがわかったし、逆に、低速コーナーでは誰にも負けない自分の強みも発見することができました。

こういう経験をもっともっと積み重ねていって、技術的にも、精神的にも強いドライバーになっていかなくっちゃ!

みなさん、これからもJujuを応援してくださいね!

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦が始まっている。