Juju(野田樹潤)ブログ

2019.08.18

第22話:また優勝! フォーミュラU-17&Senior第3戦 ー Juju(野田樹潤)ブログ

練習とおなじくらい嬉しかったこと

今回のレースを振り返ってみると、優勝という結果もうれしかったんですが、それよりも海外での練習の成果がでていると感じられたことが一番うれしかったです!

特にアメリカでは、いつも「出たとこ勝負」みたいな感じ。

短い時間でタイム出すということを周りのひともやっているし、そのなかで細かい部分を改善していったり、ベストを尽くすっていうことが、実際のレースでも役立ってきているのかなって思います。

特に今回は、滑りやすい路面でわたしなりにコントロール能力が身についてきたかなと感じる瞬間があって。

海外サーキットの路面って、マシンが跳ね上がりやすく滑りやすいし、タイヤ自体のグリップも違うんですね。路面の感じでいうと日本のサーキットのほうが走りやすいかな。

なので、どう攻めていくか、というところが違ってくるんです。

今回は、スタートでの失敗もなく順調に走り出せたけれど、その後、レース中のペースは予選よりも路面の温度があがっていたので、タイヤのピークはすっかり過ぎてしまっていたんです。だから、レースラップは予選よりたいぶ落ちてしまい、かなり難しいレースになりました。

それでも最後までプッシュしていって、チェッカーを受ける前の周回でベストタイムを出すことができたし、ミスして飛び出したりすることもなかったので、わたしは満足!

優勝だけを狙えば、ベストの1秒落ちでも大丈夫っていう状況ではあったけれど、しっかり練習の成果を出し切りたい、というのが目標だったので、それを実現できたのはとっても良かったかな。

今シーズンのレースもあと1試合。
11月のレースもがんばります。
応援よろしくお願いします!

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦が始まっている。