社会人1年目、ポルシェを買う。

2021.04.14

【社会人1年目、ポルシェを買う。】第128話:どうしても落ちぬ雨だれ 練習号(ロードスター)を磨いていただくことにした。

いいことだらけすぎない?

KeePerと共同開発をおこなう
SONAX社(ドイツ)のチームが
被膜を作りだした。

この被膜についてKeePer自身は
「ふしぎな分子構造」と表現する。

これに実用性をもたせるべく、
開発を重ねて完成したのがVP326。
その下に「プライマーガラス」を施工。
従来の倍に相当する2ミクロンの
コーティング被膜になったという。

KeePer技研株式会社

結果、触り心地が「ふしぎ」なのだそう。
乾燥時でもしっとりと濡れた感触で
見た目はもちろん、触ってみても
これまでのコーティングと異なるそうだ。

艶や手触りだけでなく撥水力も違うという。
雨が降ると、ボディが汚れる。
当たり前の事実として受け入れていたのは
これを防げなかったからだ。
しかしEXキーパーは水とともにホコリを弾く。

そのため
水シミ/水アカが発生も防ぐという。

いいことだらけすぎない……?

半信半疑で施工ファクトリーに向かった。

記事に関わった人々

  • 上野太朗

    Taro Ueno

    1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測というエリート・コース(?)を歩む。学生時代はボルボ940→アルファ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ156→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かす。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。
 
 

おすすめ記事