クルマ漬けの毎日から

2021.11.23

5代目となる新型レンジローバーの発表会が開催されました。会場はロンドンのロイヤルオペラハウスです。クロプリー編集長も参加しました。

【クロプリー編集長コラム】新型レンジローバーの発表会に参加

もくじ

ラグジュアリーの定義
新型 レンジローバーらしさ継承
オリジナルとの再会

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

ラグジュアリーの定義

新型レンジローバーのロンドンでの発表会に参加した。このイベントは、ロイヤルオペラハウスの「リンバリーシアター」で開催された。

この劇場は洗練されていて、居心地もよく、新型レンジローバーの発表会にふさわしい場所だと思った。

花火や光の演出はなかったが、チーフクリエイティブ・オフィサーのジェリー・マクガバンが、現代のラグジュアリーについて、彼が考える定義をプレゼンテーションした。

その中でマクガバンは、ココ・シャネルの次の言葉も引用していた。「ラグジュアリーは、高価なものの中にあるのではなく、下品でも野暮でもないところにあるのです」

新型 レンジローバーらしさ継承

新型レンジローバーは実に素晴らしかった。先代と同じようにレンジローバーらしさを持っており、またどのディテールも極めて進歩的だ。

シンプルで束縛がなく、現代的なスタイルを持つことですでに名高いこのモデルを、ランドローバーはどうように進化させるのだろうかと、新型を自分の目で見るまで私たちの多くは疑問に思っていた。

だが、実際に新型を見てすぐに、ランドローバーがその仕事を見事にやり遂げたことがはっきりとわかった。

新型のサスペンションを試す日が、なんとも待ち遠しい。ランドローバーによれば、その乗り心地は、SUVの快適性に革命をもたらし、また車内は極めて静粛性が高いという。

オリジナルとの再会

新型レンジローバーの発表会では、会場の外でも嬉しい出来事があった。

私たちが到着した時、ロイヤルオペラハウスの外には、このハンサムなオリジナルのレンジローバーが展示されていた。

そして発表会が終了して会場から出て来ると、今度はお披露目されたばかりの新型5代目が置かれていた。

新旧のレンジローバーの継続性をはっきりと認識できたことを、とても嬉しく思った。

記事に関わった人々

  • 執筆 / 撮影

    スティーブ・クロプリー

    Steve Cropley

    AUTOCAR UK Editor-in-chief。オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。

関連テーマ

人気テーマ

 
 

おすすめ記事

 

ランドローバーの人気画像