[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

回顧録 Dセグ高速クーペ対決 C63 AMG vs BMW M3

2019.01.27

100字サマリー

高性能クーペの代名詞であるM3に挑む対抗馬としてクーペボディを与えられたC63 AMGが、M3に真っ向勝負をかけました。常用速度域でC63は類いまれなバランスを披露するものの、走りの楽しさではM3の勝利という結論に至りました。

もくじ

アウトバーンを長距離ドライブ
快音を奏でるV8NA
クーペが登場したCクラス
魅力的なインテリア
ハンドリングはM3優位
M3の方が楽しめる
毎日乗るならC63だが

アウトバーンを長距離ドライブ

(AUTOCAR JAPAN誌99号の再録)

交通量が少なく流れの良い昼下がりのアウトバーンとはいえ、目的地はまだ300kmも先だ。こんなとき進路を防ぐ無粋な輩は御免こうむりたいものだが、400psオーバーのパワーを路面に叩きつけて走れば、さすがにディーゼルエンジン搭載の高級セダンオーナーたちも次々に道を譲ってくれる。彼らの目に映るのは、猛烈なスピードで遠ざかっていく4本出しのテールパイプだ。

A61号線を南下し、マンハイム、さらにホッケンハイムを通過。速すぎるペースにナビゲーションの地図表示が忙しく動く。信じられないほど滑らかに回り、情熱的なラプソディを奏でるM3の4.0ℓV8エンジンを堪能していたわたしの脳裏に、ひとつの思いがよぎったのはそのときだ。「もしかしたらこれはM社が作る最後の自然吸気エンジンになるかもしれない……」

思えば、4月に上海で発表された新型M5のエンジンは、X6 MやX5 Mと同じツインターボのV8だった。おそらく次世代M6もそれを使うだろう。一方で1シリーズのMクーペはN54型直6ツインターボの発展型を積んでいる。

となれば、2014年の末には登場するはずの次世代M3も、CO2排出規制に応えて過給エンジンになると予想せねばならない。世界に冠たるM社の高性能NAエンジンの歴史は、ここで途絶えようとしているのである。

 
最新試乗記