国内試乗

2019.02.08

国内試乗 ホンダ・インサイト コスパの高い3代目

ホンダ・インサイト

編集部より

3代目となったホンダ・インサイトに国内で試乗しました。バランスのとれたパワートレインとどっしりとしたハンドリングにより、グランドツアラーとしても優秀です。ハイブリッドシステムの制御は違和感無く、コスパの高い一台です。

もくじ

どんなクルマ?
3代目となるインサイト
バランスのとれたパワートレイン

どんな感じ?
落ち着いたハンドリング
違和感のない制御

「買い」か?
高コスパなお買い得車

どんなクルマ?

3代目となるインサイト

初代は燃費のレコードブレーカー的、2代目は先進エコカーの普及促進、そして3代目となる新型は。平たくいうなら北米向けシビックセダンのハイブリッド仕様である。歴代モデルと比較すればコンセプトの先鋭性が失われた感は否めないが、ポストファミリーをターゲットにセダンの復権という点では注目すべきモデルとなった。

全長×全幅は4675mm×1820mm。込み入った都市部で困るほどのサイズではなく、かといって合理性に傾き過ぎずにゆとりも感じさせる。

深く前傾したリアピラーもあって外観は2名乗車を基本にしつつ後席のゲストも配慮したキャビンデザイン。大人4名でプライベートタイムを過ごすにもおかしくない雰囲気を漂わせるスタイルである。

パワートレーンはハイブリッドのみの設定だが、現状ではインサイト専用設定のシステムである。シリーズ式ハイブリッドをベースに高速巡航専用のエンジン直動機構を備えるi-MMDはオデッセイやステップワゴンにも採用されているが、これらは2ℓエンジンをベースにしている。

 
最新試乗記