最高に「ふつう」なクルマは? ファミリーハッチ決定戦 前編

2018.10.13

サマリー

4代目フォーカスのデビューを機に、ファミリーハッチバックのチャンピオンを決めるべく、最高に普通な9台を集めてみました。家族と荷物を詰め込んで快適に移動しつつ、運転も楽しめるというのは、ある意味究極のモデルかも知れません。まずは9位から5位の発表です。

もくじ

始めにひと言 きっかけは4代目フォーカス
9位:プジョー308
8位:ヴォクゾール・アストラ
7位:セアト・レオン
6位:キア・シード
5位:ホンダ・シビック
テスト車のスペック

始めにひと言 きっかけは4代目フォーカス

フォード・フォーカスが英国年間販売台数1位の座を獲得したのは10年前のことだが、少なくとも個人的には、ついこの間の出来事のように感じている。

わたしのようなAUTOCARのロードテスターには、フォードが英国市場における確固たる地位を築いたのはつい先日のことであり、それが以降10年間続いているように思える。ブルーオーバルが創り出したのは、最高に運転が楽しいファミリーハッチバックであり、このクルマを上回ることができるのは、1998年に登場した初代フォーカスだけだろう。

英国にはこのクルマの素晴らしさを証明するに相応しい最高の道があった。そして、その機会を英国のドライバーたちは十分に活かし、フォーカスはこの国でベストセラーとなったのだ。


2008年以降、英国年間販売台数では同じフォードのフィエスタや他のモデルの後塵を拝しているとはいえ、4代目となる新型フォーカスの登場は、まさにトップ返り咲きの素晴らしいチャンスに違いない。

そこで、われわれは新型フォードの歓迎委員会を組織することにしたのだが、メンバーはフォーカスと戦わせるに相応しいと判断した量産モデルに限定している。さらに、この戦いをよりシンプルで厳しくも、興味深いものとするべく、「プレミアムコンパクト」クラスのモデルにはご遠慮頂いている。だが、一方で、委員会メンバーには最近英国上陸を果たし、本誌ロードテストでも高い評価を得たキア・シードも、ディーゼルモデルながら名を連ねている。

2万2000ポンド(326万円)前後のプライスタグを掲げ、同じくらいのパワーを持ったガソリンエンジンを積んだなかで、2018年最高のファミリーハッチバックに輝くのはどのモデルだろう?

 
最新試乗記

人気記事