海外試乗

2019.03.22

初試乗 BMW X7 全長5m以上/ドラマチックなインテリア 走りも良好

BMW X7 xDrive 40i

テスト日 : 2019年3月19日

価格 : 7万4155ポンド(1053万円)

文・リチャード・ブレムナー 

編集部より

現実的な道路環境ではもはや不必要なほど、高次元の走破性と完成度を備えてしまったBMW X7。しかし、7人乗りのクルマという枠でみると活発な走りではあるものの、スポーツSUVというわけでもなさそうです。大型SUVの主要市場のひとつ、アメリカで試乗しました。

もくじ

どんなクルマ?
全長5m以上、全幅2mの大柄ボディ
どんな感じ?
ドラマチックといいたくなるインテリア
体格の割に悪くない加速と身のこなし
「買い」か?
思わず欲しくなるラグジュアリー空間
スペック
BMW X7のスペック

どんなクルマ?

全長5m以上、全幅2mの大柄ボディ

X7は、BMWが設計したクルマの中で、最も広範囲の地域に適合できるクルマだと思う。ひときわ大きくなったフロントグリルは、アメリカや中東の国々、中国を始めとするアジア圏の国々のひとへ、優れたアピール力を備えている。ドバイ出身の同僚の意見を聞いてみても、BMW X7は目標としているターゲットの心にしっかり響いているようだ。

この地域の人達には、欧州では手に入らない、V8ガソリンエンジン・モデルが提供される予定。左右に穿たれた四角いエグゾーストからは、アイドリング状態でも、砂漠を突進する準備が整っていることを表すような低音が響く。

欧州では今回の試乗車でもある、339psの直6ガソリンエンジンを搭載したxDrive 40iの他に、ディーゼルエンジン仕様となる、194psのxDrive30dと294psのM50dがラインナップされる。しかし仮に興味を持っても、この巨大な7シーターが自宅の駐車場にちゃんと収まり、かつ乗り降りできるのか、予めしっかり確認しておいた方が良いだろう。

X7は最近新しくなったX5とプラットフォームを共有しているが、ボディサイズは一回り大きい。全長は5151mmで、全高は1805mm、全幅はドアミラーを含まない状態でも丁度2000mmある。そもそもX5の全長は4922mmで、全高は1745mmとなっており、充分大きいのだが。X7に乗り込んでみると、このボディサイズもあって、巨大な野獣を運転している感覚を抱いてしまう。後ろを振り返れば、テールゲートは遥か彼方に付いているように見える。さあ、走り出してみよう。

next pageドラマチックといいたくなるインテリア

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ