試乗記

2019.04.07

新型911カレラ4S vs ロータス・エヴォーラGT410スポーツ vs アウディR8 V10 比較試乗

新型911カレラ4S/ロータス・エヴォーラGT410スポーツ/アウディR8 V10

文・マット・ソーンダース 

まったく異なるライバル

今回のグループテストでは、もっと911と似たタイプのクルマを参加させても良かったのであり、実際、そうしようと考えたこともあった。実のところ、ジャガーFタイプは都合がつかず、アストン マーティン・ヴァンテージは興味を見せなかったのだ。

だが、それも分からないではない。991世代のカレラGTSが、マクラーレン540Cとともに、現行ヴァンテージを完膚なきまでに叩きのめしたのは昨年のことだった。

それでも、991世代のGTSでは一部オプション扱いだったメカニカルスペック(カレラ4用ワイドボディ、450psを発揮する3.0ℓフラットシックスターボエンジン、車高を落としたPASMサスペンション、PTVアクティブリアディフェレンシャルに四輪操舵)と、992世代のカレラ4Sとの違いを見て、その差はそれほど多くはないと言うかも知れない。


つまり、この決断はわれわれのためでもあったのだが、まったく異なるタイプのモデルと比較することで、この新型ポルシェの本質を知ることができるということは、次第に明らかとなっていった。

このクルマは、数十年前、その見事なダイナミクス性能と比類なき実用性によって、スポーツカーの世界を一変させた911の最新モデルなのであり、だとすれば、単にこのクルマの完ぺきさを批判するのではなく、その能力の限界を試すべきだとはお思いにならないだろうか?

新型911が見せる落ち着きや機敏さ、グリップ、ドライバーとの繋がり、そしてこのクルマがもたらす興奮と満足度を知るには、真に妥協のない、圧倒的にシンプルなドライバーズカーとの比較こそが相応しく、さらに、新型911の持つ質感や実用性、さらにはこのクルマを所有することで得られる満足度を知るには、素晴らしいエンジニアリングのもと生み出された、真に魅力的で、ひとびとの注目を集める、ドイツ製ヘビー級モデルが格好の相手だと考えた。

だからこそ、われわれはロータス・エヴォーラGT410スポーツと、フェースリフトを受けたアウディR8 V10を今回のグループテストに参加させることにしたのだ。

 
最新試乗記