BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外試乗

2019.03.29

試乗 アウディR8 V10 孤高の大排気量NAエンジン ハンドリングで及ばず

アウディR8 V10クーペ

テスト日 : 2019年3月22日

価格 : 12万8200ポンド(1820万円)

文・マット・ソーンダース  

編集部より

改良を受けたV10エンジンはR8の魅力を引き立てている一方で、初代が備えていた抑制の効いたスタイリングと夢中になるハンドリングとは、異なる味わいになったことも事実のようです。英国の道で最新モデルを試乗しました。

もくじ

どんなクルマ?
迫力を増したエクステリアデザイン
エントリーグレードは570psに
どんな感じ?
上質なインテリアと実用性は従来どおり
最大の価値は自然吸気V10エンジン
ドライバーズカーとしては物足りない
「買い」か?
クワトロならではの説得力はあるけれど
スペック
アウディR8 V10クーペのスペック

どんなクルマ?

迫力を増したエクステリアデザイン

フェイスリフト受けた最新のR8が英国に上陸した。スーパーカー、スーパースポーツカー、熟成された速いアウディ、4輪駆動の暴れん坊。色々呼び方はあるだろう。最新モデルは更にパワーアップし、パワーステアリングとスタビリティコントロールにチューニングが加えられているが、ハードウエアの手直しは限定的だ。

フロントマスクは、従来以上に迫力を増し、怒っているように見える。最新のアウディR8の場合、エクステリアデザインが最も大きな変更点で、低くワイドに、少し質素になったシングルフレームグリルに、突き出たフロントスプリッターと面構成が改められたボンネットなどが特徴となる。

リアのディフューザーも大型化され、エグゾーストのフィニッシャーもかなり太くなり、一見するとパイプが二重になっているように見えるデザインになった。しかし本物のマフラーパイプは、フィンが入った極太のフィニッシャーの内側に備わっていることは、少し観察すれば理解できてしまう。

 
最新初試乗

人気コンテンツ