ニュース

2019.03.05

実車 ポルシェ911カブリオレ(992型) まずはカレラS/4S ジュネーブ2019

編集部より

ポルシェ911カブリオレ(992型)の実車がジュネーブ・モーターショー2019にて公開されました。まずカレラSと、4輪駆動のカレラ4Sのカブリオレが投入。クーペとの違いを簡潔にまとめました。

カブリオレ、まずはSと4Sから

ポルシェ911カブリオレ(992型)の実車がジュネーブ・モーターショー2019にて公開された。

まずはカレラSと、4輪駆動のカレラ4Sのカブリオレが投入されることになる。

いずれも3.0ℓフラット6ツインターボを搭載。最高出力は450ps/6500rpm、最大トルク54.1kg-m/2300-5000rpmとなる。

オプションのスポーツ・クロノ・パッケージを適用した場合、0-100km/h加速をカレラSは3.7秒、カレラ4Sは3.6秒。

折畳み式ソフトトップのクローズ/オープンの動作時間はそれぞれ12秒。50km/hまでなら走行中でもルーフの開閉が可能。

リアスクリーンはガラス製で、幌は高速域の膨張を防ぐ技術が盛り込まれる。幌を開けた状態では、電動のウインドディフレクターが展開可能。

シャシーは、従来型カブリオレよりもエンジン・マウントを固めたという。

 
最新海外ニュース