試乗記

2019.06.25

長期テスト アルファ・ロメオ・ジュリア(最終回) 真のスポーツカー

アルファ・ロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ

編集部より

アルファが送るスーパーセダンのテストもこれが最終回です。クイックなステアリングは、安定志向のM3やC63 AMGにはない魅力。ブレーキやインフォテインメントシステムには不満もありますが、一度気になると他のクルマは目に入らなくなるでしょう。

もくじ

積算2万4108km オプションのステアリングは良好
積算2万4166km QVと過ごした9カ月
真のスポーツカー サウンドやブレーキは物足りず
多少手はかかるが、信頼性への不安はいらない
タイヤ変更もあり 一途に愛してしまうクルマ
テストの記録

積算2万4108km オプションのステアリングは良好

オプションで選択した225ポンド(3万2800円)のハンドルは見た目、フィーリングともに気に入っている。ただ、もう少し使う素材を絞っていたらさらに良くなっていたと思わないこともない。

ご覧のように、このステアリングにはレザー、アルカンターラが使用され、下部にはカーボンの装飾が、ボトムスポークは金属風に仕上げられている。もしリムがすべてアルカンターラだったら最高だっただろう。

積算2万4166km スポーツカーより刺激的

わかってしまった。アルファ・ロメオというブランドと同社が送り出すモデルが、どうしてこれほどパッションをかき立て、ファンからの忠誠を集めるのか。

アルファ・ロメオを所有したことがない限り、クルマ好きを自称できないとは、トップギアというクルマ番組の司会者の言葉だが、彼がそう言うのもわかるというものだ。

ここ9カ月をジュリア・クアドリフォリオ(QV)と過ごし、名誉あるアルファオーナーの地位を手に入れた。この間わたしはアルファに対して立場を決めかねる傍観者から、熱心なファンの一人へと生まれ変わった。これもQVのあふれんばかりの魅力のせいだ。

このようなマシンで走れば、あなただって心の奥深くまで揺さぶられること間違いなしだ。なまめかしいルックスをみれば腰砕けになってしまうし、ボディタイプや価格を問わずこれまで運転してきたであろうクルマの中で最もエキサイティングなクルマの1台でもある。

新生アルファは恐怖ではなくプライドで心を満たすモデル。今回が最後のレポートとなるが、一度乗ればBMW M3やメルセデスAMG C63への興味がすっかり失ってしまうようなこのモデルについて復習していこう。

 
最新試乗記