250ps 4気筒ターボにポールスター製ソフト ボルボXC40 T5 AWD Rデザイン 試乗

2019.08.20

メーカー公認のコンピューターチューン

英国仕様では、基本的にはドライビングモードの「ダイナミック」を上書きし、リアタイヤへ伝達されるトルクの割合を増やすことで、スポーティなドライビングが味わえるようになるというもの。スロットルレスポンスもシャープになり、8速ATは、エンジンの回転数が高い状態でもシフトアップされずにホールドする時間が長くなる。

このオプションは745ポンド(10万円)で、車両購入後にディーラーで対応してもらうことも可能。ちなみに日本の場合は、わずかだが最高出力・最大トルクの増強も得られる。クルマの保証期間などにも変更はない。

ボルボXC40 T5 AWD Rデザイン・プロ
ボルボXC40 T5 AWD Rデザイン・プロ

また今回の試乗車にはボルボ自慢の安全・運転支援機能「インテリセーフ・プロ」も搭載されていた。ブラインドスポット・モニターの検知によるステアリング支援機能も追加され、クルマの進行方向に衝突や接触の可能性がある場合、回避するためのステアリング操作が入る。

これらのオプションを含めると、クルマの価格は4万2880ポンド(557万円)にまで上がってしまう。ここまで来ると、レンジローバー・イヴォークやアウディQ3の価格帯に届くことになる。エクステリアデザインは個人の好みも大きいが、おしゃれなスカンジナビアン・デザインをまとうXC40と負けないくらい、レンジローバー・イヴォークのエクステリアデザインも魅力的だと思う。

XC40のRデザイン・グレードの場合、20インチの大径ホイールに引き締められたサスペンションが組み合わされるが、コンフォート・ドライブモードでの洗練性やしなやかさは変わらない。英国仕様の場合、ポールスター版ソフトウエアを味わえるのはダイナミックモードのみで、インストール後はポールスターモードへと名前も変更される。

 
最新試乗記