[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

新型SUV登場 キャデラックXT6 AWDスポーツ 3列シート採用 Q7/XC90に対抗

2019.12.03

100字サマリー

アメリカン・プレミアムブランドから登場した、アウディQ7のライバルとなるSUVがキャデラックXT6。欧州でも苦戦気味のキャデラックですが、310psの6シーターSUVで巻き返しとなるでしょうか。

もくじ

ライバルはアウディQ7やボルボXC90
想定外に元気なV6エンジン
選ぶならプレミアム・ラグジュアリー
キャデラックXT6 AWDスポーツのスペック

ライバルはアウディQ7やボルボXC90

text:Richard Bremner(リチャード・ブレンナー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
販売面で苦戦状態にある、アメリカン・プレミアムブランドのキャデラック。人気上昇中のカテゴリーで巻き返しを狙うこととなった。

スポーティな味付けでフルサイズSUVより一回り小さい、3列シートを持たせたモデルにその役目を担わせる。新しく登場したXT6は、独立シャシーを持つ巨大なエスカレードと、幾分小さいXT5との中間に位置するボディを持つ。

キャデラックXT6 AWDスポーツ
キャデラックXT6 AWDスポーツ

欧州ブランドでいうと、アウディQ7やボルボXC90に匹敵する車格となるから、充分大きい。エンジンは3.6LのV6ガソリンで、最高出力は310ps。9速ATと組み合わされる。

今回の試乗車、スポーツの場合は4輪駆動となる。シフトパドルにクイックなステアリングレシオが与えられ、アルミホイールは21インチ。

サスペンションはリアが5リンク式で、フロントがマクファーソンストラット式となり、アダプティブダンパーを装備。ブレーキ制御によるトルクベクタリング機能も持つ。

装備面はかなり充実している。リアシートは電動で折り畳まれ、テールゲートも電動で開閉する。インフォテインメント・システムには8.0インチのモニターを用意。シートなどは革張りで、ステアリングホイールにもヒーターを内蔵する。

大きなサンルーフに3ゾーンのエアコンを備えるほか、オプションでナイトビジョンも用意。かなり価格の張るオプションパッケージも選ぶことができる。

インテリアの雰囲気自体は贅沢だ。しかし素材やテクスチャー、細部の仕上げなどに統一感を感じられないことは、最近のキャデラックに共通する部分でもある。車格的に競合するキア・テルライドの方が、数千ドル(数十万円)は安いし、インテリアのコーディネートも良い。

 
最新試乗記