【優れた燃費に運転の楽しさプラス】トヨタ・ヤリス・プロトタイプへ試乗

2020.02.14

サマリー

パワーを向上させつつ環境負荷は軽減させた、トヨタ製コンパクトカー、新型ヤリス。英国編集部は、プロトタイプにポルトガルで試乗しました。先代までのヤリスを大きく越える、好印象のドライビング性能も獲得しているようです。

もくじ

TNGAアーキテクチャに1.5Lエンジン
パワーは16%向上、CO2は20%削減
コーナリングが楽しめるヤリス
コンパクトカーのランキング上位へ
トヨタ・ヤリス・プロトタイプのスペック

TNGAアーキテクチャに1.5Lエンジン

text: Alan Taylor-Jones(アラン・テイラー−ジョーンズ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ほとんど意味のないカモフラージュが施されているのが、第4世代へと進化したトヨタ・ヤリス・プロトタイプ。日本では、これまでヴィッツと呼ばれてきたモデルだ。

スポーティなGRヤリスのプロトタイプに以前試乗しているが、今回はより販売台数を稼ぐであろう5ドア。現実世界に適合した欧州仕様のハイブリッド・モデルとなる。

トヨタ・ヤリス・プロトタイプ(欧州仕様)
トヨタ・ヤリス・プロトタイプ(欧州仕様)

一気に電動化技術の採用が進む昨今の自動車業界にあって、トヨタはきっと誇らしく自らの歩みを感じているだろう。欧州版のトヨタ・ヤリスには、2012年からハイブリッドを搭載してきたのだから。

3代目に習って、生まれ変わった4代目にも、もちろんハイブリッドを搭載する。プラットフォームは、カローラなどと共通のTNGAアーキテクチャを採用。ねじれ剛性は37%向上しているという。

ホイールベースは伸ばされ、全幅も50mm拡大。一方で全長は5mm短くなった。全高も低くなり、シートポジションは21mm、重心高は12mm、路面へ近づいた。

これらは機敏な身のこなしと、ドライバーへの喜びへとつなげる変更ではある。しかし、冴えないこれまでのハイブリッドシステムだったのなら、充分に目的には叶わなかっただろう。

欧州仕様の4代目ヤリスには、1.5Lの3気筒アトキンソンサイクル・エンジンが搭載される。このロングストローク型のエンジンには、2基のモーターと強力なリチウムイオン・バッテリーが組み合わされる。

 
最新試乗記

人気記事