海外ニュース

2018.07.10

英ポール・スティーブンス社 「ル・マン・クラシック・クラブスポーツ」 写真19枚

編集部より

英国のポルシェ・スペシャリスト「ポール・スティーブンス」が、ル・マン・クラシック・クラブスポーツを発表しました。911のボディをモディファイし、3.4ℓの空冷フラット6を搭載。最高出力は304psです。

25年の歴史をもつポルシェのスペシャリスト

ポルシェのモディファイとレストアで知られる英ポール・スティーブンス社が「ル・マン・クラシック・クラブスポーツ」を発表した。

同社の既存モデル「クラブスポーツ」をベースに、人気イベントのル・マン・クラシックをフィーチャーした仕立てを施している。

同社は、911のオリジナルボディをレストアしてから「クラブスポーツ」へとコンバージョンする。新品同等の状態に包括的なリビルドを実施したうえで、「less-is-more」の哲学に従い、軽量ルーフパネル(サンルーフ機構は撤去)、軽量コンポジット・バンパーおよびエンジンカバー、軽量アルミニウム・ボンネット、軽量防音材、空力志向の軽量サイドミラーを搭載。

エンジンは、304psを発揮する3.4ℓの空冷フラット6を採用。ITBインジェクション・システム、自社開発のマッピングを適用したECU(設定変更可能)、RSスペックのカムシャフト、バランス取りをした軽量クランクシャフト、軽量コンロッド、ゲトラグ製G50ギアボックス、リミテッド・スリップデフを搭載するという徹底ぶりだ。

乾燥重量は、ライトウェイト仕様では970kg、クラブスポーツ仕様では1075kgとなる。これにより、0-97km/h加速は4.4秒。最高速度は281km/hというパフォーマンスを発揮する。

価格は、スペックにより異なるが25万ポンド(3682万円)前後とアナウンスされた。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『英ポール・スティーブンス社 ル・マン・クラシック・クラブスポーツ』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ