[ABARTH 124 spider]なぜワクワクする?竹岡圭が検証

ランボルギーニ新型、4ドアGT/ミドスーパーカーか ただし20年代半ば

2018.07.17

100字サマリー

ランボルギーニのドメニカリCEOは、第4のモデルの追加を検討していることを明かしました。しかし、今すぐにというわけではなく、2020年代半ば頃になるとの見解です。アヴェンタドールやウラカンのハイブリッド化も認めましたが、2年以上先とのことです。

もくじ

フロントエンジンGTかミドエンジンスーパーカーか
早急な拡大は危険 適切な時期に追加

フロントエンジンGTかミドエンジンスーパーカーか

ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOは、同4モデル目として、4ドアでフロントエンジンのGTと、第3のミドエンジンスーパーカーが検討中だと明かした。しかし、いずれにしても2020年代半ばまで生産されることはないだろうとのことだ。

ドメニカリはグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにおいてAUTOCARに対し、新モデルは市場調査を進めてから決定すると答えた。

最近の報道では、経営陣の間でも2008年のエストーケ・コンセプトのようなフロントエンジンGTにするか、第3のミドエンジンモデルにするかで割れているとのことだ。新たなミドエンジンモデルは、ウラカンやアヴェンタドールの後継車にも使用可能なカーボンを多用したプラットフォームの開発にもつながるだろう。アウディがR8を2020年に廃止するという決断とも関連があるかもしれない。

しかしドメニカリの見方では、SUVのウルスがもたらす変化を考えると、すぐにアグレッシブな拡大をすべきではないという。「ここ5年間の間に生産量が2倍になりました。これは素晴らしいことですが、この数字には最近納車が始まったばかりのウルスの効果は含まれていません。これはわれわれの選択が正しかったことを示しているでしょう」

 
最新海外ニュース