[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

BMW ハンガリーに新工場 総工費1300億円超 電動化へのステップ

2018.08.01

100字サマリー

BMWは、ハンガリーに10億ユーロ(1300億円)超の投資を行い、新工場を建設すると発表しました。世界で18番目、欧州で13番目の生産拠点となります。どのモデルがここで生産されるかは明らかになっていませんが、欧州向け車両が中心となるようです。

もくじ

世界で18拠点目に
BMW全工場を電動車に対応させる

世界で18拠点目に

BMWは、ハンガリーのデブレツェンに10億ユーロ(1300億円)を投じた新工場を建設すると発表した。これにより欧州での生産を拡大するのが狙いだ。

この新工場では最大で1年間に15万台を生産でき、1000人以上の新たな雇用を創出するという。

これによりBMWの工場は世界で18拠点となり、そのうち13が欧州に存在する。BMWグループの売り上げの約半数が欧州であることからも、この分布は筋が通っている。

この工場でどのモデルが生産されるかは発表されていない。しかし、BMWは米国やアジアにも工場も持っており、新工場では欧州向け車両が生産されると見られている。

BMWグループCEOのハラルド・クルーガーはいう。「BMWグループによるこの新工場建設の決断は、われわれの世界規模での成長への視野を表します。中国、メキシコ、米国での大規模な投資に引き続き、欧州での生産を拡大することより生産能力のバランスを整えます」

 
最新海外ニュース