海外ニュース

2018.08.10

次期型(C8)コルベット 1000ps超のミドエンジンか OHVはDOHCへ MTも

編集部より

次期型コルベットは、今までのFRレイアウトをやめ、史上初めてミドエンジン化されるようです。今までのOHVに代わるDOHCの新エンジンも用意され、DCTが組み合わされます。ただし、現行のC7型がエントリーモデルとして並行して販売されるようです。

もくじ

C7と並行して販売か
DOHC版も登場 MTは廃止
タルガトップは廃止 来年秋発売か

C7と並行して販売か

8代目コルベットは、同車の65年にわたる歴史上初めてのミドエンジン・レイアウトが採用される。最近のテストカーの画像からは、長年のこのうわさの信憑性の高さが伺える。

C8というモデルコードで知られる新型コルベットは、現行型と並行して販売されることになりそうだ。GM内部筋によれば、C7型をわずかに改良したものがエントリーレベルとして設定されるとのことだ。C8はフロントエンジンのものよりも高価格にはなるものの、他メーカーのジュニアスーパーカー達よりは安価になるだろう。

初期に搭載されるパワートレインには大きな驚きはない。現行のLT型6.2ℓV8を改良したものが採用されるだろう。このエンジンは依然としてOHVであり、ターボエンジンのトルクにはかなわない。しかし、このユニットの特徴は軽さ、レスポンス、低コスト性とともに、簡単に500ps級のパワーを発揮できることだ。

これはフロントエンジン仕様の生産を続けることとも関連がある。現行のC7型は米国市場において、他のスポーツカーよりも年齢層が高く、保守的な層に受けていることもその理由だ。

next pageDOHC版も登場 MTは廃止

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ