[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

VW 4番目のSUV「Tクロス」 後席の移動で荷室容量が可変 GTI投入なし

2018.08.14

100字サマリー

来年発売予定のフォルクスワーゲン4番目のSUV「Tクロス」の新たなプレビューが公開されました。これによれば、後席を倒すほか、前後に動かすことで荷室を拡大することができるようです。GTIの設定はありませんが、R登場の可能性は残っています。

もくじ

荷室確保のため後席可動式
ハイブリッド仕様なし R登場の可能性も

荷室確保のため後席可動式

フォルクスワーゲンTクロスは同社の欧州ラインナップ中4番目のSUVとして今年10月に発表され、来年上半期中に発売が予定されている。

フォルクスワーゲンが新たに公開した情報によれば、実用性重視のため後席を立てた状態でもその位置により385ℓから455ℓの荷室が用意されているという。後席を倒せば1281ℓとなる。

このTクロスはTロック、ティグアン、トゥアレグなどの下にラインナップされることになる。想定される価格は1万7000ポンド(240万円)強となり、ライバルはセアト・アロナ、ルノー・キャプチャー、そして日産ジュークだ。

最近では偽装の少ないテストカーも目撃されているものの、依然としてフロントとリアの造形は一部が隠されている。

フォルクスワーゲンでは2020年までに車高の高いクルマの売り上げをラインナップ全体の40%まで引き上げるつもりのようだ。

 
最新海外ニュース