海外ニュース

2018.09.15

S63/S65 AMG(W221型)の中古車 V12かV8か 燃費、維持費と故障は

編集部より

荒々しい走りも、紳士的な走りもこなせる、メルセデス・ベンツS63/S65 MAG。本気を出せば、0-100km/h加速4.4秒の俊足を持ちながら、洗練されたラグジュアリーさを高速道路で楽しむことができます。英国の場合、わずか1万4500ポンド(205万円)で。

もくじ

当時最もパワフルなサルーン
オススメは5.5ℓV8エンジンのS63
メルセデス・ベンツS63/S65 AMG(W221型)の中古車 購入時の注意点
専門家の意見を聞いてみる
知っておくべきこと
いくら払うべき?
掘り出し物を発見

当時最もパワフルなサルーン

「メルセデス・ベンツS63 AMGと、より強力なS65は、向こう見ずなドライバーか、クルマをメンテナンスできる技術を持ったひと以外、手を出さないほうが良いでしょう」と話すのは、メルセデス・ベンツを中心に扱うショップのオーナー、オリバー・ストナー。

クルマのメンテナンスなら、全般的にこなせるという読者も中にはいるかもしれない。向こう見ず、という点に関してはいかがだろう。

S63、S65どちらも発売は2006年。ちなみにS65の方が先にリリースされている。S65は、6ℓV12ターボエンジンが611hpと101.7kg-mという怒涛のパワーを生み出し、2300kgもの巨体をわずか4.4秒で100km/hまで加速させる。ボディタイプは、ロングホイールベースのみ。発売当時、量産モデルとしては世界で一番パワフルなサルーンだった。

もちろんベースはSクラスだから、リアシートに座るオーナーやVIPには、できるだけクルマの驚異的な走行スピードを気づかせてはいけない。メルセデス・ベンツにアクティブ・ボディコントロール・システムが搭載されている理由のひとつだ。ダンパーにはコンフォート、スポーツ、マニュアルモードの3段階の設定があった。

新車当時のS65の価格は、14万5000ポンド(2100万円)。今なら、2006年式で、19インチの5スポーク・アルミホイールを履いたクルマが、1万7000ポンド(244万円)ほどで手に入る。走行距離は30万kmだが、ワンオーナー車だ。

ガソリン代と交換用の点火プラグには要注意。燃費は期待を裏切らない3.5km/ℓだし、プラグは1気筒2本づつ、合計24本が必要で、交換には4〜5時間もかかる。
   

next pageオススメは5.5ℓV8エンジンのS63

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ