[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

フォルクスワーゲン、イギリスGS最大手テスコとEV充電スタンド普及で協力

2018.12.04

100字サマリー

フォルクスワーゲンがEV用充電スタンドの普及のためのパートナーとしてイギリスのガソリンスタンド最大手「テスコ」を選んだことがわかりました。今後3年間で600以上のテスコの店舗に2400台の充電スタンドを設置していく計画です。

この提携はEV普及へのカギとなるか

ディーゼルゲート問題発覚後、フォルクスワーゲンは急速に電気自動車のモデルを拡充していくことを発表した。2025年までに全世界で累計100万台を販売していくつもりだ。

フォルクスワーゲンはI.D.シリーズを立ち上げ、ゴルフサイズのEVを2019年に、フォルクスワーゲン・バスがモチーフのI.D. Buzzと小型SUVのI.D. Crozzは2020年に販売を開始する予定。

そんな中、同社はイギリスの石油流通最大手のテスコと提携することを発表した。テスコが持つ販売ネットワークに電気自動車用充電スタンドを設置していくわけだ。

 
最新海外ニュース