ニュース

2018.12.13

フォルクスワーゲン “2026年に最後の内燃機関” 報道を否定

編集部より

フォルクスワーゲンが、2026年に自社最後の内燃機関搭載車をリリースするという報道を否定しました。今後も内燃機関の開発を行いますが、ヨーロッパでは2026年以降EVを主流にすると補足しました。

規模を縮小も、継続

フォルクスワーゲンの技術部門トップ、フランク・ヴェルシュは同社が2026年以降も内燃機関を搭載した自動車の開発を継続すると話し、先日の報道を覆した。

事の発端は先週のヴォルフスブルクで開催された自動車サミット。戦略部門を率いるミハエル・ヨストは、自社の技術者が「CO2ニュートラル」ではない最後の自動車プラットフォームの開発を行っていると話した。

ヨストが「わたしたちは内燃機関を徐々にフェードアウトさせていきます。2026年には最後の内燃機関搭載車がリリースされます」と説明したいう報道がある。だが、フランク・ヴェルシュはその報道を否定し、2026年以降も開発を行っていくと話した。

ヴェルシュは今回の報道の原因についてコメントを発表している。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ