改良新型ジャガーXF 新規制対応ディーゼル/特別仕様車も 英国価格は?

2019.02.12

100字サマリー

ジャガーXFのサルーンとスポーツブレイクが、改良新型になってイギリスで発売。RDE2規制に適合したエンジンを搭載しています。チェッカード・フラッグという特別仕様車も追加に。

2021年施行 RDE2規制対応

ジャガーXFが2019年モデルとしてアップデートを受けた。RDE2規制に適合したディーゼル・エンジンも採用され、これによってXFは近い将来に導入される排出ガス規制に対応した最初のエグゼクティブ・サルーンとなる。

RDE2規制が施行されるのは2021年1月からだが、いち早く目標とされる排出ガス規制に対応することで、XFのサルーンとXFスポーツブレイクは多くの顧客やドライバーにアピールするだろう。

163psと180psの後輪駆動のディーゼル仕様は、どちらも英国で規制に適合しないディーゼル車に課せられる4%の課税を免れることになる。ジャガーの話では、これによってドライバーは3年で約33万円を節約できるという。また、個人購入者は最初の年の物品税を最大3万5000円ほど抑えることができる。

現在、RDE2規制に適合している他のクルマはメルセデス・ベンツだけだが、その中にエグゼクティブ・クラスのモデルはない。

アップデートしたXFには、超低転がり抵抗タイヤも採用された。ディーゼル仕様車ではこれによってCO2排出量を最大8g/km減らすことができた。

 
最新海外ニュース