[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

ロールス・ロイス・ゴースト新型 AUTOCAR予想図 フライングスパーに対抗

2019.04.04

100字サマリー

次期ロールス・ロイス・ゴーストの予想図を、AUTOCARのイラストレーターが描いてみました。これまでの取材をもとに作ったのが、こちらのイメージです。

2代目ゴースト 2020年登場へ

ロールス・ロイスは、来年前半に、ラグジュアリーサルーンの次世代型「ゴースト」を発表する。これまでに得た情報をもとに、AUTOCARが予想イラストを描いた(トップ画像)。

ベントレー・フライグスパーの対抗馬となる2代目ゴーストは、昨年に登場したSUVモデルの「カリナン」、8世代目となったリムジン・モデル「ファントム」に続く新型車となる。この数年でロールス・ロイスは、自社のラインナップを一新しようというわけだ。

これまでに撮影されたプロトタイプ(「すべての画像をみる」参照)は、従来型のデザインを進化させたものになっていることを確認できる。かつてデザイン・ディレクターを務めていたジャイルス・テイラーは、新型ファントムのスタイリングについて、貫禄と親しみやすさを失わずに現代化することを目指していた。同じアプローチが次世代型ゴーストにも引き継がれるものと思われる。

つまり後ろドアは逆ヒンジとなり、大きなグリルという特徴は維持しつつ、鋭いヘッドライト、LEDテールライトという現代的なタッチが適用される見込みだ。車体構造は、新開発のビスポーク・アルミニウム・スペースフレーム・プラットフォームを採用することが大きなニュースとなるだろう。

 
最新海外ニュース