[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

2018年 英国でほとんど売れなかったクルマ25選 日本車もランクイン

2019.01.24

100字サマリー

2018年、英国でもっとも売れなかった新車ランキングです。ラ・フェラーリやマクラーレン・セナといった超希少車や、ロールスやベントレーといった超高級モデルが当然のごとくランクインする一方で、日本車や左ハンドルのみの米国車もランキングを賑わせています。

もくじ

レアな新車 限定モデルのみにあらず
25位~21位
20位~17位
16位~11位
10位~6位
5位~1位
番外編:大健闘のモデルたち

レアな新車 限定モデルのみにあらず

英国で購入可能な新車のすべてを検討する人間などほとんどいないだろう。

英国のベストセラーカーといえばフォード・フィエスタであり、2018年には9万5892台が新たなオーナーのもとへと嫁いでいるが、同じ年、英国でキャデラック・エスカレードの新車を購入したのはわずか4人に過ぎない。

だが、この巨大なSUVには左ハンドルしか用意されず、英国にはわずか2店舗しか正規ディーラーがないことを考えれば、この低調なセールスも驚きではないし、マクラーレン・セナの販売台数が25台に留まるのも、このスーパーカーの生産台数そのものがごく少数に留まっているからだ。

しかし、英国での販売数がわずかに留まるモデルのすべてが、限定バージョンや少量生産のスペシャルモデル、左ハンドルの輸入車、もしくは2018年に販売を終了したモデルだというわけではない。

そして、そんなモデルの多くは決してクルマとしての出来が悪いわけでもなく、例え多少の問題があったとしても、将来的にはクラシックモデルになる可能性を秘めているのだ。

そんな2018年のレアな新車を見てみよう。

 
最新海外ニュース