ニュース

2019.04.12

新型アウディS6、S7スポーツバック 欧州は350psのV6ディーゼル

編集部より

新型アウディS6と、S7スポーツバックが、発表されました。48VマイルドHV、電動コンプレッサーを搭載。ヨーロッパ向けのエンジンはV6ディーゼルが選ばれました。画像20枚。

欧州仕様はV6ディーゼル

アウディが、新型S6(サルーン/アバント)、さらにS7スポーツバックの画像と詳細情報を公開した。

最新型A6およびA7のトップグレード「S6」「S7」は、欧州仕様ではV8ガソリンエンジンがラインナップから消え、V6ディーゼルに姿を変えた。電動コンプレッサー(EPC)と48Vマイルドハイブリットを組み合わせるシステムだ。

ディーゼルの350psという最高出力は、従来型のS6およびS7の8気筒ユニットと比較して100ps近く非力ということになる。しかしトルクは大幅なレベルアップを果たした。最大トルクは71.3kg-m/2500rpmである。

電動コンプレッサーは、アウディSQ7のV8ディーゼル・ユニットにも搭載されたもので、過給がかかる前の低回転域におけるトルクギャップを抑えることが可能に。反応速度は250ミリセカンドで、エンジン回転が1650rpmにあがるまで作動し、タービンの最高回転数は70000rpmとなっている。

・0-100km/h加速:5.0秒(S6サルーン)
・0-100km/h加速:5.1秒(S6アバント/S7スポーツバック)
・最高速度:いずれも250km/h

足まわりはS6/S7専用のスポーツ・サスペンションにアダプティブ・ダンパーを組み合わせた。オプションでエアサスペンションを選ぶこともできる。

四輪駆動のクワトロ・システムが標準で搭載される一方、全輪操舵システムをオプションで選ぶことができる。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ